北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

厚岸の食材ふんだんに 豊かな海づくり大会用弁当試食【厚岸】

厚岸の味覚が詰まった弁当の試食会

 【厚岸】来年9月17日開催の「第42回全国豊かな海づくり大会北海道大会in厚岸町(同大会推進委、同北海道大会実行委主催)」では、全国からの来場者約1000人に、地元の食材をふんだんに盛り込んだ公式弁当を提供する。メニューの一つには、厚岸翔洋高校海洋資源科調理コースの生徒考案の一品を採用した。5日には、町役場と同校で試食会が行われ、同コースの2、3年生16人を含む関係者64人が、味や見た目、バランスなどを審査。地域一丸となって食でおもてなしの機運を盛り上げる。  弁当は、釧路市の仏料理店オーナーシェフで同コースの外部講師も務める楡金久幸さんが監修、同市の和食レストラン「ふく亭」(福田悦郎社長)が製造を担当する。  試作メニューは、カキやアサリ、ホッカイシマエビ、花咲ガニなどの魚介類、牛乳やチーズ、シイタケ、レタスなど厚岸産品を中心に炊き込みご飯やマリネ、焼き物、デザートの松花堂弁当様式で構成。道東ならではの糠サンマ焼きや域外で流通することがほとんどないキュウリウオを使った南蛮漬けなどが並ぶ。このうち「カキのしぐれ煮と厚焼き卵」は、同校3年の河(こう)埜(の)孔(みつ)音(と)さん(18)と鈴木悠真さん(18)が、う巻きをイメージして考えた。  町役場での試食会は、若狭靖町長や川崎一好厚岸漁協組合長ら関係者が出席。若狭町長は「厚岸産を中心によく考えてくれた内容」、川崎組合長は「地元のものを大事にしてくれてうれしい」と笑顔を見せた。  同校では、生徒と教職員が試食。河埜さんは「厚岸といえばカキ。卵と一緒にカキのうま味を味わってほしい」と話す。鈴木さんは「厚岸の海が表れた弁当。豪華でボリュームもある。全国に地元のおいしさを伝えたい」と声を弾ませていた。  同実行委では、年内にもメニューを最終決定。年度内に弁当のパッケージデザインとネーミングを選定する計画だ。

関連記事

名寄新聞

町を体感できる客室・札幌のホテルで「下川の森」再現【下川】

 札幌エクセルホテル東急で、12日から下川町のサステナブルな魅力を体感できる宿泊プランを開始。下川町の魅力を詰め込んだ部屋を用意し、3月31日まで提供している。  下川町は、札幌東急ホテルズとS...

日高報知新聞

主体的・対話的で深い学び【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(木田理博所長)は25日、2023年度研究発表大会を開催した。研究主題「〝主体的・対話的で深い学び〟の視点を取り入れた授業改善」を研究所員・協力員が取り組んできた...

日高報知新聞

「妻と一緒に食べるのが楽しみ」【様似】

【様似】町保健福祉課が主催する「健康長寿 男性料理教室」が25日、様似町保健福祉センターきらくで開かれた。参加した4人の男性は、栄養士考案の野菜をふんだんに使った健康メニュー3品を楽しみながら調理し...

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...