北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

「つなぐ道」若い感性光る 臨港鉄道跡地など撮影 16日まで写真展【釧路】

くしろ元町青年団が主催する「つなぐ道」写真展

 くしろ元町青年団(菊池吉史団長)が主催する「つなぐ道」写真展が5日から、釧路市役所防災庁舎1階ロビーで始まった。釧路出身のフォトジャーナリスト、長倉洋海さんと釧路の中高生ら25人が、かつて石炭列車が走っていた弁天ケ浜一帯でカメラのファインダー越しに捉えた釧路臨港鉄道跡地の風景や人などを撮影した27点を展示している。16日まで。

 太平洋を望む弁天ケ浜の同鉄道跡地に、同青年団が中心となって「石炭列車の記憶が消えてしまうのは寂しい」と、2020年に踏切オブジェを再現。さらにジャズピアニストの木原健太郎さんが同青年団の思いを込めた詩に曲をつけた「つなぐ道」を21年に完成させるなど、一歩ずつ新たな可能性を探る取り組みを続けている。

 この中で今年9月25日、同鉄道跡地所有者の許可を受けて、長倉さんと共に中高生ら若い世代の参加者が写真を撮影した。今回はその時の作品22点と長倉さんが特別出品した5点を展示している。

 弁天ケ浜の風景をスケッチする子供たちの、にこやかな表情を捉えた一枚、浜辺に立つ一本の草木の姿から「バレリーナ」というタイトルを付けた高校生の作品など、どれも個性的なアングルで撮影した作品が並ぶ。

 会場には感想をメモするコーナーも設けられており「昔、米町に住んでいたので懐かしく感じた。子供の頃を思い出した」「新たな釧路の魅力スポットだ。あまり行ったことがなかったが、来週にも行ってみたい」という30代男性の声なども寄せられている。

 同展は来年1月15日から29日までは港文館ギャラリー、同2月15日~23日は生涯学習センターで開催する。

関連記事

日高報知新聞

主体的・対話的で深い学び【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(木田理博所長)は25日、2023年度研究発表大会を開催した。研究主題「〝主体的・対話的で深い学び〟の視点を取り入れた授業改善」を研究所員・協力員が取り組んできた...

日高報知新聞

「妻と一緒に食べるのが楽しみ」【様似】

【様似】町保健福祉課が主催する「健康長寿 男性料理教室」が25日、様似町保健福祉センターきらくで開かれた。参加した4人の男性は、栄養士考案の野菜をふんだんに使った健康メニュー3品を楽しみながら調理し...

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...

室蘭民報

「拠点化」に期待、来場500人 市民会館で洋上風力フォーラム【室蘭】

「技術や知見生かして」「漁業との共存共生を」  室蘭洋上風力関連事業推進協議会(MOPA)主催の「室蘭洋上風力フォーラム2023」が26日、輪西町の市民会館で開かれた。MOPA会員や洋上風力の関...