北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

学芸員が貴重な資料解説 市美術博物館で「あみゅー大博覧会」

苫小牧市美術博物館で3日、開催中の企画展「あみゅー大博覧会2022」を紹介するスライドトークが開かれた。市民らが自然史や考古に関する展示品への関心を深めた。

展示資料を紹介する岩波学芸員

 考古学専門の岩波連学芸員がパワーポイントを用いて、ウラニアツバメガやベンガルトラのはく製、約90年前の昆虫標本など貴重な資料を一点ずつ紹介していった。

 自然史では、日本を代表する鳥獣採集家の折居彪二郎(おりい・ひょうじろう)の書簡や観察ノート、鳥類のはく製を披露し「美々川のほとりに家を構えた折居の標本に基づき新種16種、新亜種84種が発見された」と説明。考古関連では、ニナルカ遺跡から出土した赤色顔料付き土器や足形付き土版などについて解説した。

 はく製の作成手順にも触れ、「骨や内臓は取り出し、毛皮の中に綿を詰めている。生きているように作るのが腕の見せどころ」と指摘。「自然史や考古はいつ、どこで誰が集めたかが重要」と述べた。

 同展は市博物館(現市美術博物館)開館以来、収集した資料14万点の中から学芸員えりすぐりの約100点紹介している。来年1月15日まで。料金は一般300円、高大生200円、中学生以下無料。

関連記事

日高報知新聞

主体的・対話的で深い学び【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(木田理博所長)は25日、2023年度研究発表大会を開催した。研究主題「〝主体的・対話的で深い学び〟の視点を取り入れた授業改善」を研究所員・協力員が取り組んできた...

日高報知新聞

「妻と一緒に食べるのが楽しみ」【様似】

【様似】町保健福祉課が主催する「健康長寿 男性料理教室」が25日、様似町保健福祉センターきらくで開かれた。参加した4人の男性は、栄養士考案の野菜をふんだんに使った健康メニュー3品を楽しみながら調理し...

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...

室蘭民報

「拠点化」に期待、来場500人 市民会館で洋上風力フォーラム【室蘭】

「技術や知見生かして」「漁業との共存共生を」  室蘭洋上風力関連事業推進協議会(MOPA)主催の「室蘭洋上風力フォーラム2023」が26日、輪西町の市民会館で開かれた。MOPA会員や洋上風力の関...