北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

アイヌ文化体験企画 旅の思い出に 「界 ポロト」 白老

白老町若草町のポロト湖畔で営業する星野リゾートの温泉宿泊施設「界 ポロト」は、アイヌ文化体験企画「アイヌ伝統歌『ウポポ』を奏でるひととき」を週に2日、宿泊者向けに実施している。アイヌ民族が先人から受け継いできた口承文芸の独特の節回しやメロディー、リズムを伝える企画。期間は来年3月26日まで。

伝統歌「ウポポ」を披露する髙橋さん

 2021年から「界」全施設で実施している、ご当地文化体験「手業(てわざ)のひととき」事業の一環で、3日に始めた。

 講師は、旧アイヌ民族博物館とアイヌ民族文化財団で長年、アイヌ文化の実践普及業務に携わってきた高橋志保子さん(73)。古式舞踊やムックリ(口琴)演奏などの芸能部門に精通し、1970年に大阪府吹田市で開かれた日本万国博覧会では古式舞踊を、2007年に苫小牧市で開かれた第58回全国植樹祭では天皇皇后両陛下ご臨席の記念式典で口琴演奏を行った。15年、白老町指定無形民俗文化財伝統文化継承者に認定され、17年にアイヌ民族文化財団アイヌ文化奨励賞を受賞している。

 初日は、館内ロビーにある暖炉前で3組6人を前に子守歌やクマ狩りの歌など8曲を披露し、周囲を朗らかな雰囲気で包み込んだ。プログラムでは参加者との輪唱や座談会も行っていく予定で、髙橋さんは「皆さんと楽しい時間を分かち合えてうれしい。これからもすてきな時間を作っていきたい」と語る。

 遠藤美里総支配人(28)は隣接する民族共生象徴空間(ウポポイ)に行った人や、これから行く人に向けて「火を囲みながら一緒に歌う経験を旅の思い出にしてほしい」と話した。

 取り組みに協力する白老アイヌ協会の事務局は「アイヌ文化が正しく理解されるよう、『界 ポロト』との協力体制を築いている。髙橋さんは白老地区で最も優れたウポポの伝承者だ」と語っている。

 企画は期間中の土、日曜日午後8時~同9時。料金は宿泊費と別に1人6000円が必要。1日3組までで希望日から1週間前までに公式サイトから予約する。

 問い合わせは公式サイト アドレスhttps://hoshinoresorts.com/ja/hotels/kaiporoto/

関連記事

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...

室蘭民報

「拠点化」に期待、来場500人 市民会館で洋上風力フォーラム【室蘭】

「技術や知見生かして」「漁業との共存共生を」  室蘭洋上風力関連事業推進協議会(MOPA)主催の「室蘭洋上風力フォーラム2023」が26日、輪西町の市民会館で開かれた。MOPA会員や洋上風力の関...

室蘭民報

「登別温泉の肌」大好評 「食塩泉源泉」94%以上配合化粧水、ホテル・旅館な..

 国内有数の名湯・登別温泉の温泉水を使った化粧水「登別温泉の肌」が完成し、今月1日から登別温泉のホテル・旅館、土産物店などで販売している。登別温泉の「食塩泉源泉」を94%以上配合した商品。発売元...

室蘭民報

23年度大規模改修へ、入江陸上競技場 2種公認の更新に向け、整備費6~7億円【..

 室蘭市教育委員会は2023年度に入江運動公園陸上競技場(入江町)の大規模な改修を行う方針を明らかにした。施設の劣化が著しく、改修を実施しなければ、日本陸上競技連盟の2種公認基準を満たすことができ...