北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

アイヌ文化体験企画 旅の思い出に 「界 ポロト」 白老

白老町若草町のポロト湖畔で営業する星野リゾートの温泉宿泊施設「界 ポロト」は、アイヌ文化体験企画「アイヌ伝統歌『ウポポ』を奏でるひととき」を週に2日、宿泊者向けに実施している。アイヌ民族が先人から受け継いできた口承文芸の独特の節回しやメロディー、リズムを伝える企画。期間は来年3月26日まで。

伝統歌「ウポポ」を披露する髙橋さん

 2021年から「界」全施設で実施している、ご当地文化体験「手業(てわざ)のひととき」事業の一環で、3日に始めた。

 講師は、旧アイヌ民族博物館とアイヌ民族文化財団で長年、アイヌ文化の実践普及業務に携わってきた高橋志保子さん(73)。古式舞踊やムックリ(口琴)演奏などの芸能部門に精通し、1970年に大阪府吹田市で開かれた日本万国博覧会では古式舞踊を、2007年に苫小牧市で開かれた第58回全国植樹祭では天皇皇后両陛下ご臨席の記念式典で口琴演奏を行った。15年、白老町指定無形民俗文化財伝統文化継承者に認定され、17年にアイヌ民族文化財団アイヌ文化奨励賞を受賞している。

 初日は、館内ロビーにある暖炉前で3組6人を前に子守歌やクマ狩りの歌など8曲を披露し、周囲を朗らかな雰囲気で包み込んだ。プログラムでは参加者との輪唱や座談会も行っていく予定で、髙橋さんは「皆さんと楽しい時間を分かち合えてうれしい。これからもすてきな時間を作っていきたい」と語る。

 遠藤美里総支配人(28)は隣接する民族共生象徴空間(ウポポイ)に行った人や、これから行く人に向けて「火を囲みながら一緒に歌う経験を旅の思い出にしてほしい」と話した。

 取り組みに協力する白老アイヌ協会の事務局は「アイヌ文化が正しく理解されるよう、『界 ポロト』との協力体制を築いている。髙橋さんは白老地区で最も優れたウポポの伝承者だ」と語っている。

 企画は期間中の土、日曜日午後8時~同9時。料金は宿泊費と別に1人6000円が必要。1日3組までで希望日から1週間前までに公式サイトから予約する。

 問い合わせは公式サイト アドレスhttps://hoshinoresorts.com/ja/hotels/kaiporoto/

関連記事

釧路新聞

花粉ゼロの釧路 長期滞在 市が「避粉」キャンペーン【釧路市】

 スギやヒノキの花粉がない利点を冬季の長期滞在者増加につなげようと、釧路市は「花粉ゼロくしろで避粉キャンペーン」に取り組んでいる。期間中は滞在者にノベルティを配布しており、事務局の市市民協働推進課...

釧路新聞

はしご車 最後の雄姿 阿寒湖温泉で引退イベント【釧路市】

 北海道の釧路市西消防署阿寒湖温泉支署で24日、32年に渡って地域の安全を守ってきたはしご車の引退イベントが行われた。全国的に見ても珍しい重機ベースのはしご車で、同支署によると「同種の車両としては...

苫小牧民報

ものづくりに夢中 「地域宝おこし」家族連れでにぎわう 苫小牧

苫小牧発明研究会(園田政廣会長)は24日、ものづくりイベント「発明&デザイン地域宝おこし」を苫小牧市民活動センターで開いた。前身の「引力おこし」時代を含めて30回目の節目で、会員の発明品やアイデア...

苫小牧民報

青森のご当地グルメ充実 「うまいもの市」グランドホテルで28日まで

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子で28日まで、物産展「青森うまいもの市」が開かれている。青森をはじめ東北地方のご当地グルメや特産品など約70品目を販売し、訪れた市民らが「目新しいものが多い」...

十勝毎日新聞

リオ五輪体操代表・内山由綺さん 競技への心構え紹介【帯広】

 帯広畜産大学人間科学研究部門と体操教室「ちくだいKIP」、帯広市民大学講座が連携したトークイベント「アスリートトーク2024」が23日、帯広市内の「ホテルNUPUKA ONNAY(ヌプカ・オンナ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス