北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

厚南中で震災学習プログラム 防災ゲーム「HUG」体験 厚真

厚真町の厚南中学校(石崎和昌校長)は1日、防災学習の一環で、町観光協会が提供する「震災学習プログラム」を行った。生徒約30人と教職員がグループに分かれ、防災ゲーム「HUG(ハグ)」を通して避難所運営に理解を深めた。

図上で行う避難所運営を体験する厚南中の生徒たち

 避難所で起きる出来事を図面上で模擬体験することで、災害への備えを身に付けてもらおうと企画。同協会の原祐二事務局長と同プログラムの運営をサポートする町内のガイドが講師として参加した。

 生徒と教職員が6グループに分かれ、ハグを体験。避難者から「たばこを吸いたい」「ストーブを貸してもらえないか」「1人でいたい」「車で寝たい」といったカードに記された条件が示され、生徒たちは「本当にこんなことが希望されるの?」と驚きながらも意見を出し合い、人員配置や対処法などを考えた。

 2年生の榊陽翔さん(14)は「小学生時代に体験した時よりは状況を把握できたが、避難者からの条件が多く、それに合わせて素早く判断するのが大変だった。人のことを考える力が備わった」と振り返り、「相手のことを考えて行動し、この学校をよりよくするためにみんなを引っ張っていきたい」と話していた。

 ファシリテーター(進行役)を務めた町内でデザイナーをする田中克幸さんは、海外の避難所事例などを紹介したほか、新型コロナウイルス感染拡大の影響やその土地の気象変動などから状況は変化することを伝え、「避難所の運営に『正解』はなく、みんなが『成解』を導き出すことが大切」と伝えた。

関連記事

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...

室蘭民報

「拠点化」に期待、来場500人 市民会館で洋上風力フォーラム【室蘭】

「技術や知見生かして」「漁業との共存共生を」  室蘭洋上風力関連事業推進協議会(MOPA)主催の「室蘭洋上風力フォーラム2023」が26日、輪西町の市民会館で開かれた。MOPA会員や洋上風力の関...

室蘭民報

「登別温泉の肌」大好評 「食塩泉源泉」94%以上配合化粧水、ホテル・旅館な..

 国内有数の名湯・登別温泉の温泉水を使った化粧水「登別温泉の肌」が完成し、今月1日から登別温泉のホテル・旅館、土産物店などで販売している。登別温泉の「食塩泉源泉」を94%以上配合した商品。発売元...

室蘭民報

23年度大規模改修へ、入江陸上競技場 2種公認の更新に向け、整備費6~7億円【..

 室蘭市教育委員会は2023年度に入江運動公園陸上競技場(入江町)の大規模な改修を行う方針を明らかにした。施設の劣化が著しく、改修を実施しなければ、日本陸上競技連盟の2種公認基準を満たすことができ...