北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

秋サケ4年ぶり100万匹超 取引単価も上昇【十勝】

 道立総合研究機構さけます・内水面水産試験場(恵庭市)によると、十勝を含む「えりも以東西部地区」の今年の秋サケ来遊量は11月20日時点で、109万1000匹となった。昨年の実績より68.6%増え、4年ぶりに100万匹を超えた。1匹当たりの取引単価も過去5年の平均を上回った。

十勝沿岸の主力、秋サケ定置網漁の水揚げ作業

 来遊量は、沿岸漁獲量と河川遡上(そじょう)量の合計で、同試験場では、えりも以東西部地区は101万9000匹を予測していた。道内の来遊量の7割を占めるオホーツクは、予測に対して2倍、全道も60%増。近年は不漁が続いていたが回復基調となっている。

 漁獲の中心となる「4年魚」について、オホーツク海の4年前の海水温が稚魚に適していたとみられる。えりも以東西部は、昨年発生した赤潮の影響で予測が難しかったというが、同試験場さけます資源部は「予測並みの水揚げになった」としている。

 同地区で100万匹に届いたのは2018年以来。ただ記録的な不漁は続いていて、ピーク時の04年(567万匹)と比べると依然として低い水準になっている。

 十勝総合振興局がまとめた管内の漁獲量(速報値、11月28日現在)は56万匹で昨年より76%増え、過去5年の平均43万2000匹よりも30%多かった。1匹の取引単価は2651円で、不漁だった昨年と比べると低いものの、過去5年平均の2580円を上回った。主力のオホーツク海の水揚げ量が、漁期前半は少なかったためで、同振興局水産課は「十勝沿岸では早い時期に取れたことで、10月以降にオホーツク海が本格化して価格が下がる前の段階で売れた」とみている。

 秋サケ定置網漁は十勝管内の沿岸漁業の主力で、8月30日~11月20日に行われた。

関連記事

名寄新聞

町を体感できる客室・札幌のホテルで「下川の森」再現【下川】

 札幌エクセルホテル東急で、12日から下川町のサステナブルな魅力を体感できる宿泊プランを開始。下川町の魅力を詰め込んだ部屋を用意し、3月31日まで提供している。  下川町は、札幌東急ホテルズとS...

日高報知新聞

主体的・対話的で深い学び【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(木田理博所長)は25日、2023年度研究発表大会を開催した。研究主題「〝主体的・対話的で深い学び〟の視点を取り入れた授業改善」を研究所員・協力員が取り組んできた...

日高報知新聞

「妻と一緒に食べるのが楽しみ」【様似】

【様似】町保健福祉課が主催する「健康長寿 男性料理教室」が25日、様似町保健福祉センターきらくで開かれた。参加した4人の男性は、栄養士考案の野菜をふんだんに使った健康メニュー3品を楽しみながら調理し...

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...