北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

秋サケ4年ぶり100万匹超 取引単価も上昇【十勝】

 道立総合研究機構さけます・内水面水産試験場(恵庭市)によると、十勝を含む「えりも以東西部地区」の今年の秋サケ来遊量は11月20日時点で、109万1000匹となった。昨年の実績より68.6%増え、4年ぶりに100万匹を超えた。1匹当たりの取引単価も過去5年の平均を上回った。

十勝沿岸の主力、秋サケ定置網漁の水揚げ作業

 来遊量は、沿岸漁獲量と河川遡上(そじょう)量の合計で、同試験場では、えりも以東西部地区は101万9000匹を予測していた。道内の来遊量の7割を占めるオホーツクは、予測に対して2倍、全道も60%増。近年は不漁が続いていたが回復基調となっている。

 漁獲の中心となる「4年魚」について、オホーツク海の4年前の海水温が稚魚に適していたとみられる。えりも以東西部は、昨年発生した赤潮の影響で予測が難しかったというが、同試験場さけます資源部は「予測並みの水揚げになった」としている。

 同地区で100万匹に届いたのは2018年以来。ただ記録的な不漁は続いていて、ピーク時の04年(567万匹)と比べると依然として低い水準になっている。

 十勝総合振興局がまとめた管内の漁獲量(速報値、11月28日現在)は56万匹で昨年より76%増え、過去5年の平均43万2000匹よりも30%多かった。1匹の取引単価は2651円で、不漁だった昨年と比べると低いものの、過去5年平均の2580円を上回った。主力のオホーツク海の水揚げ量が、漁期前半は少なかったためで、同振興局水産課は「十勝沿岸では早い時期に取れたことで、10月以降にオホーツク海が本格化して価格が下がる前の段階で売れた」とみている。

 秋サケ定置網漁は十勝管内の沿岸漁業の主力で、8月30日~11月20日に行われた。

関連記事

室蘭民報

青蘭飛躍に期待、フェリー2日就航 室蘭で開設記念式典、船社や経済界が新航..

 あす2日の青蘭フェリー就航を前に、運航する津軽海峡フェリー(函館市、村上玉樹代表取締役社長)は9月30日、室蘭港フェリーふ頭に停泊している「ブルーマーメイド」船内で、航路開設記念式典を開催し、...

室蘭民報

3千人心躍る、ブルーマーメイド 津軽海峡フェリー船内見学会、抽選や青森名..

 津軽海峡フェリー(本社函館市、村上玉樹代表取締役社長)が9月30日に実施した、室蘭-青森間で運航するフェリー「ブルーマーメイド」の船内見学会には、市内外から約3千人が訪れた。15年ぶりの青蘭フ...

室蘭民報

迫真、幸恵の生涯 舞台女優・舞香さん一人芝居【登別】

葛藤、苦悩 観衆見入る  「アイヌ神謡集」の著者として知られる知里幸恵の生涯を描いた一人芝居「神々の謡(うた)~知里幸恵の自ら歌った謡~」(登別市教育委員会主催)が9月29日、登別港町の観光交流...

十勝毎日新聞

柏葉生の「翼」に 100年碑除幕式【帯広】

 帯広柏葉高校全日制100周年・定時制70周年記念事業で制作した記念碑「希望の翼」の除幕式(記念事業協賛会主催)が1日、同校玄関前広場で開かれた。関係者60人が同校の歴史と未来に思いをはせた。 ...

十勝毎日新聞

フクハラ長崎屋店が閉店 市中心部最後のスーパー【帯広】

 旧長崎屋帯広店(現帯広駅南ビル、市西4南12)内にある「フクハラ長崎屋店」(佐々木伸隆店長)が9月30日で閉店し、12年間の営業を終えた。市内中心部から食品スーパーマーケットの灯が消えた。  ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス