北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

釧路製作所、宇宙産業に参入【釧路】

ロケット開発に必要な精密部品を加工できる門型マシニングセンタ

 橋梁(きょうりょう)など鋼製構造物の製作・設計を行う釧路製作所(釧路市川北町9、羽刕洋社長)は宇宙産業へ新規参入するため、ロケット開発に必要な部品を製造するNC工作機械「門型マシニングセンタ」と3次元測定機を導入した。年内に一部テスト加工を実施し、2023年度中のロケット部品供給メーカーを目指す。

 導入したのはオークマ社(愛知)製「MCR―A5C」で、既存の第2工場(約812平方㍍)を精密加工部品製造専用工場に改修し設置した。同製品は五面加工(X・Y・Z・回転・傾斜)が可能で、一度の段取りで他面加工ができる。最大加工範囲は長さが3㍍、横幅が2㍍、厚さが約1・35㍍で、同サイズの加工は道東では同社のみ。主軸のアタッチメントやヘッドを着脱することで、さまざまな加工に対応することができる。価格は約1億円で導入に当たっては、国の事業再構築補助金6000万円を活用した。

 精密加工するために導入した「ワイドエリア3次元測定機」はキーエンス社(大阪)の製品でおよそ1000万円。3DのCAD(コンピューター支援設計)、門型マシニングセンタ設置のための基礎工事などを合わせると総投資額は約1億5000万円となる。設置した場所は10度以下にできないので、壁面は断熱材で覆われており、今後、仕切り壁を設ける。

 宇宙産業の参入に挑戦することについて、同社技術グループの中川翔太主任(36)と製作グループの中久保侑也さん(28)は「目的は、宇宙事業で新しい技術を習得することと、釧路地区の技術者育成サポートをするための二つ。この事業で会社の価値を高めるとともに、釧路地区の雇用創出につなげていきたい」と述べた。

 同社はこれまで、十勝管内大樹町で小型ロケットを開発するベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」(IST、稲川貴大社長)に約2000万円を出資しているほか、小型観測ロケット「MOMO」のロケットエンジン燃焼実験に使用した発射台の設備(縦吹架台)、ISTが23年の打ち上げを目指す人工衛星軌道投入用ロケット「ZERO」のエンジン横吹燃焼実験の騒音対策に使用する「大型燃焼実験用サイレンサ(防音壁)」を製作してきた。今後、ロケット発射基地や組み立て棟の製造・建設も予定している。

 同社経営企画室の田邉篤巳室長は「5年後の一つの目標として、橋梁事業4割、鉄鋼、水門事業を2割、そして宇宙事業を2割と考えていく。23年度中に精密加工を稼働させ、部品納入を開始し、ビジネスとして参入する」と語った。

関連記事

函館新聞

五島軒、新業態のカフェ27日に営業開始 本店1階ロビー アフタヌーンティ..

 函館の老舗レストラン・五島軒(若山豪社長)は27日から、末広町の本店1階で新業態となるカフェ営業を始める。宴会場の待合室として利用していたロビーを活用し、「ブリューネ&エリザベス」としてオープ...

函館新聞

春告げるアサリ漁 北斗で始まる【北斗】

 【北斗】市沿岸で24日、春の訪れを告げる今季のアサリ漁が初操業を迎えた。館野地区の前浜では、午前9時ごろから漁師約10人が熊手を手に、アサリの採捕に汗を流した。  道内でも珍しい砂利わらで...

日高報知新聞

花壇も生徒も明るく 浦河第一中 チューリップが見ごろ【浦河】

 浦河第一中(水上義則校長、生徒数177人)の前庭の花壇で、色鮮やかなチューリップが見ごろを迎え、登下校や屋外活動の生徒たちを明るい気持ちにさせている。  前庭花壇のチューリップは、例年だと...

日高報知新聞

鯉のぼり「大きい!」 雛菊保育園に保護者が寄贈 春風受けて空を泳ぐ【浦河】

 浦河町潮見町の雛菊保育園(本巣雄介園長、園児39人)では5月5日のこどもの日を前に、地域の人から贈られた鯉のぼりが春風を受けて元気に泳いでいる。  同園が所有する鯉のぼりが古くなり痛みも激し...

釧路新聞

シマフクロウのひな1羽誕生 釧路市動物園【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は23日、シマフクロウのアオイ(雌、2019年生まれ)とR黄(アールき)(雄、18年生まれ)の間に1羽のひなが生まれたと発表した。同園では32卵目、同つがいにとっては...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス