北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

本物鉄そりで「人間ばん馬」 10月2日 競馬場でまつり【帯広】

ばん馬まつりをPRする川田リーダー(左から2人目)と河瀬喜裕サブリーダー(同3人目)。右端は北千夏YEG副会長、左端は村上史賢サブリーダー

 「とかちばん馬まつり」(帯広商工会議所青年部=帯広YEG主催)が10月2日、帯広競馬場で行われる。メインイベントの「人間ばん馬」は、例年はイベント用の鉄そりを使用してきたが、今年はかつてレースで使われていた本物の鉄そりを引く。

 人間ばん馬は、引き手6人で騎手が乗る鉄そりを引きタイムを競う。これまでは実際のばん馬のコースで、約150キロのイベント用鉄そりを90メートル引っ張りタイムを競ってきたが、今年はコロナ感染防止の観点からコースの使用を断念。代わりに、競馬場内のふれあい広場で、450キロの本物の鉄そりを15メートル引いてタイムを競う「ミニ人間ばん馬チャンピオンシップ」を行う。賞金は例年の88万円からは減少するが32万円と高額。20チームが参加予定。競技は午後1時半から。

 また、コロナ禍で中止した昨年度に代替イベントとして作られた「ばん馬かるた」を使い、小学生対象の「ばん馬かるた大会」を初開催。A3判サイズのかるたを4人で取り合う。おもちゃのばん馬にまたがり順位を競う「ちびっこばん馬」やビンゴ大会、こども縁日などのイベントもある。多くのイベントは午前10時半ごろから受け付ける。

 運営を担当する帯広YEG地域協力プロジェクトの川田太紀リーダーは「例年と異なる部分はあるが、来場して楽しんでほしい」と話している。

関連記事

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。  網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り...

十勝毎日新聞

中心部イルミ華やか 駅で点灯式【帯広】

 帯広市中心部の冬を彩るイルミネーションの点灯式が26日、JR帯広駅北口で開かれた。サンタクロースの衣装に身を包んだ子どもたちが点灯ボタンを押すとオレンジ色の光が辺りを包み込み、冬の冷たい空気の...

十勝毎日新聞

3日間限定 昭和喫茶 珈琲座間屋と古道具屋うさぎがコラボ【足寄】

 足寄町内で営業する自家焙煎(ばいせん)コーヒーの店「珈琲座間屋」(北1ノ1、座間ゆかり店主)と、「古道具屋うさぎ」(旭町4、儀間芙沙子店主)がコラボした「喫茶レトロ」が18~20日の3日間、同コ...

釧路新聞

羅臼で秋サケで新イベント 料理や競り熱気【羅臼】

 【羅臼】秋サケ漁が最盛期を迎えている町内で、サケに関するイベント「シャケサミット2022」が開かれた。昔、使われたサケを入れる木箱(鮭=さけ=箱)を再利用し、ものづくりをするARAMAKI(あ...

十勝毎日新聞

チーズ料理で乾杯 北の屋台全20店で提供【帯広】

 「チーズの日」に合わせて11日、帯広市内の北の屋台(帯広市西1南10)全20店で「バルホッピング」が始まった。カマンベールチーズを使った各店のオリジナル料理が堪能できる。  北海道チーズフ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス