北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

国松希根太さん個展 地形を表現 飛生アートコミュニティ 白老

白老町内にアトリエを構える彫刻家、国松希根太さん(45)の個展「地景を刻む」が、町竹浦520の飛生アートコミュニティー(旧飛生小学校)で開かれている。飛生での個展は2014年以来で、校舎全体を会場としたのは初めて。日頃から自身が見ている風景の地形を表現した木彫の大作など計30作品を、11月6日までの土、日、祝日に披露している。

町内のフィールドワークなどから着想を得た作品群と国松さん

 主催は、旧飛生小をアトリエとする若手芸術家たちのグループ「飛生アートコミュニティー」。

 飛生は国松さんにとって、かつて彫刻家の父明日香さんがアトリエとし、自身も幼少の一時期を過ごしたゆかりある地。同グループでは代表を務め、02年秋に白老町に移住。旧飛生小を拠点に創作活動に打ち込み続け、今年で20年の節目を迎える。

 ただ、本展は20年の回顧ではなく、自分が普段見ている風景から着想を得て表現した新作を、創作現場で見てもらおうと企画した。旧校舎の体育館、教室、廊下のほか、敷地内の旧教員住宅を会場に、彫刻やインスタレーション、記録映像などを紹介している。

 体育館には大型彫刻などを展示。カツラ材を使い長さ2・5メートル、幅1メートルのトンネル状の形にした「ワームホール」などがある。一つ一つが独立した作品ながら、空間全体で捉えると広がりのある一つの作品となっている。制作過程で出たのみやチェーンソーの操作音を再構成してBGMとして流し、作品が生まれる様子を聴覚で伝わるようにもしている。

 教室には、森や浜のフィールドワークを通して得られた直感を基に、山や岩に見立てて制作した高さ40センチほどのカツラ材やシナ材の木彫や平面芸術を並べている。この中には貝の粉を材料にした塗料を塗り、表面を雪のように白くしたものもある。

 国松さんは「土地から何を得て作品にしているのかを感じてほしいし、鑑賞者自身の記憶とも重ねながらアートを体感してほしい」と話している。

 期間中はトークや校舎外のフィールドワークを予定している。午前11時~午後4時。観覧無料。

関連記事

日高報知新聞

自分だけのクリスマスツリー【浦河】

 浦河町立堺町小と浦河町教委共催のPTA親子ふれあい事業「臨床美術でクリスマスツリーをつくろう」が4日、同校体育館で開かれ、PTA役員や同校に在籍する親子ら26人が参加して自分だけのクリスマスツリー...

日高報知新聞

1万2千個のLEDトンネル【新冠】

【新冠】町青年団体連絡会議による毎年恒例の「イルミネーションフェスタ2022」が3日、レ・コード館で開かれ、館内の大型クリスマスツリーが点灯され、同時に同館前に設置された約1万2千個のLEDが付い...

釧路新聞

厚岸の食材ふんだんに 豊かな海づくり大会用弁当試食【厚岸】

 【厚岸】来年9月17日開催の「第42回全国豊かな海づくり大会北海道大会in厚岸町(同大会推進委、同北海道大会実行委主催)」では、全国からの来場者約1000人に、地元の食材をふんだんに盛り込んだ...

釧路新聞

「つなぐ道」若い感性光る 臨港鉄道跡地など撮影 16日まで写真展【釧路】

 くしろ元町青年団(菊池吉史団長)が主催する「つなぐ道」写真展が5日から、釧路市役所防災庁舎1階ロビーで始まった。釧路出身のフォトジャーナリスト、長倉洋海さんと釧路の中高生ら25人が、かつて石...

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。  網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス