北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

市、保育所再編見直し 児童数減らず 民間移管・定員縮小【帯広】

 帯広市は公立保育所の定員縮小や民間移管について、当初の再編内容を見直す方針を固めた。保育需要が当初見込みより減少していないことなどが要因で、2024年度の民間移管に向けて、今年度予定していた帯広保育所の移管先の公募は取りやめる。22日に開かれる市議会厚生委員会に報告する。

 

 市が20年度に策定した公立保育所の再編計画では、25年度までに現在8施設の公立保育所のうち、5施設で民間移管と定員縮小を予定していた。

 定員縮小は少子化に伴う入所者数の減少と、低年齢児の保育ニーズに対応するため、0~2歳児のみを対象とする計画で、該当する保育所に入所した場合、3歳になったときに転園する必要がある枠組みとなった。

 保護者は新たな預け先を探す「保活」を再び行わなければならず、保護者や施設運営法人からは負担感やスムーズな転園先の確保、安定的な施設運営について懸念の声が上がっていた。

 一方、市が19年度に策定した「子ども・子育て支援事業計画」で見込んだ3~5歳児の保育所入所児童数は、20年度1935人、21年度1882人、22年度1794人だったが、実績は20年度1999人、21年度1950人、22年度1955人となっており、当初見込みより減少していない。要因としては、国の幼児教育・保育無償化施策によって、より長い時間預けられる保育所のニーズが高まっていることなどが挙げられる。

 こうした保育需要の高まりや、2度目の保活(セカンド保活)への負担感などを背景に、市は公立保育所の再編を決断した。再編対象となっていた5施設のうち、日赤東保育所は21年度に移管先が社会福祉法人池田光寿会に決まっており、来年度に予定通り民間移管する。その他の4施設は、中長期的な入所児童推計を精査し、定員縮小や民間移管の在り方について再検討する。来年2月に再検討結果をまとめる予定。

関連記事

釧路新聞

厚岸の食材ふんだんに 豊かな海づくり大会用弁当試食【厚岸】

 【厚岸】来年9月17日開催の「第42回全国豊かな海づくり大会北海道大会in厚岸町(同大会推進委、同北海道大会実行委主催)」では、全国からの来場者約1000人に、地元の食材をふんだんに盛り込んだ...

釧路新聞

「つなぐ道」若い感性光る 臨港鉄道跡地など撮影 16日まで写真展【釧路】

 くしろ元町青年団(菊池吉史団長)が主催する「つなぐ道」写真展が5日から、釧路市役所防災庁舎1階ロビーで始まった。釧路出身のフォトジャーナリスト、長倉洋海さんと釧路の中高生ら25人が、かつて石...

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。  網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り」を...

苫小牧民報

学芸員が貴重な資料解説 市美術博物館で「あみゅー大博覧会」

苫小牧市美術博物館で3日、開催中の企画展「あみゅー大博覧会2022」を紹介するスライドトークが開かれた。市民らが自然史や考古に関する展示品への関心を深めた。  考古学専門の岩波連学芸員がパワ...

苫小牧民報

アイヌ文化体験企画 旅の思い出に 「界 ポロト」 白老

白老町若草町のポロト湖畔で営業する星野リゾートの温泉宿泊施設「界 ポロト」は、アイヌ文化体験企画「アイヌ伝統歌『ウポポ』を奏でるひととき」を週に2日、宿泊者向けに実施している。アイヌ民族が先人から...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス