北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「デジタルサマーキャンプ白老」初開講 小中高生がプログラミング

白老町教育委員会は29日から、町内の小中学生と高校生がプログラミングの基礎力や課題解決の力を身に付けられる講座として、「デジタルサマーキャンプ白老」を初めて開講している。31日までの3日間、専門的な知識や技術を持つ講師から直接指導を受けることができる内容。参加した児童生徒15人は、夢中になって学んでいる。

児童にプログラミングを指導するマナビット代表の藤澤代表(中央)

 講座は、プログラミングのスキルをはじめ、論理的思考、創造性、問題解決能力などの育成を目的としたプログラミング学習が2020年以降、小中学校と高校で必修化されたことを背景に企画した。白老町の児童生徒にプログラミングの魅力を知ってもらい、論理的思考力などを身に付けてもらうのが目的。

 2種類のコースを用意し、一つはオリジナルゲームを作りながらプログラミング言語を学習する「プログラミングコース」、もう一つは自分でテーマを決めてプロジェクトを企画し実現させる手法を学ぶ「マイプロジェクト探究スタートアップコース」。講師はICT(情報通信技術)を基軸とした教育プログラムを提供するマナビット(本社函館市)の藤澤義博代表と道内の大学生らが務めている。

 初日の「プログラミングコース」では、マサチューセッツ工科大学などが06年に開発、公開した教育用プログラミング言語「スクラッチ」を使い、オリジナルゲーム作りをスタートさせた。児童生徒たちは藤澤さんの説明に基づき、パソコンの画面上にいる猫を動かすところから学習を開始。プログラミングの基礎を学びながらそれぞれゲームを作り、最終日には制作発表を行ってまとめとする。

 「マイプロジェクト探究スタートアップコース」では、米大リーグのエンゼルスに所属して活躍している大谷翔平選手も活用したことで知られる思考方法「マンダラート」について、説明を受けた。高い目標を実現するために必要な項目を書き出して視覚化し、課題克服のヒントにする手法で、具体的な進め方を学んだ。

 藤澤代表は、3日間の受講を通して「目標をクリアするために自分が何をすべきかを自分で考え、行動してもらう力を付けてもらいたい。自分の人生をデザインする魅力を少しでも感じてくれたら」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

登別・白老観光協 「るるぶ」特別版発行 絶景、グルメなど魅力満載

登別市・白老町観光連絡協議会(会長・小笠原春一登別市長)は20日までに、両市町の観光情報に特化した旅行情報誌「るるぶ」特別版を1万5000部発行した。作製は同誌を発行するJTBパブリッシングが担当...

苫小牧民報

ソロプチ苫小牧チャリティー寄席 三遊亭好楽さんら出演

女性による奉仕団体「国際ソロプチミスト苫小牧」(後藤裕子会長)主催の「承認45周年記念 チャリティー寄席」が20日、苫小牧市民会館で開かれた。約900人が来場し、長寿番組「笑点」でおなじみの三遊亭...

十勝毎日新聞

消防団の金子さん 初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」【新得】

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

十勝毎日新聞

求人サイト開設「人手不足解消に」 北海道圧接業協同組合【帯広】

 北海道圧接業協同組合(山田賢悟理事長、11社)は独自の求人サイト「ビジネスワークジョブ」https://basserbiz/indexを開設した。年会費3万円のみで登録でき、成功報酬は無料。山田理事長=SPH山田(帯...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港寄港へ 7月20~22日 一般公開予定【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が7月20~22日、訓練と広報活動を兼ねて、広尾町内の十勝港に寄港することが決まった。期間中、一般公開を予定している。広尾側は歓迎行事を計画、役場、商工会、自衛隊協力...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス