北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

大会とPRイベント開催 サーフィン 24日、浜厚真海岸で

日本サーフィン連盟(NSA)の公認大会「厚真町長杯」と厚真町のPRイベント「meet up ATSUMA(ミートアップあつま)」が24日、同町の浜厚真海岸で同時に開かれる。全国各地から総勢140人のサーファーが浜厚真に集結するほか、地元農産物や飲食を販売するマルシェ、スケートボード、拳玉のセッションなども企画。年間約6万人が訪れる道内有数のサーフィンスポットの新たな夏の一大イベントとして期待されそうだ。

大会とイベントの同時開催をアピールするバナー

 厚真町長杯は、2019年に胆振東部地震のチャリティーイベントとして実施。その後は新型コロナウイルス感染拡大の影響で見送り、3年ぶりの開催となる。公認大会として認定を受けたことで、第2回の今回からはNSAの年間ランキングに関わるポイントが付与されることとなり、全国各地から現時点で70人ほどが出場を予定。ジュニアから一般まで、各部門でレベルの高い技が見られる絶好の機会となる。

 また「町のPRも含めてみんなで楽しめるものをつくりたい」(大会実行委員会)と企画された「ミートアップあつま」は、サーフィン好きをはじめさまざまな人たちの交流の場とし、競技歴3年ほどの選手や初心者向けの個人戦のほか、3人1組のチーム戦を実施する。

 マルシェでは、地元の農家がホウレンソウなどの新鮮野菜を販売するほか、飲食店がカレーやコーヒーを用意しておもてなし。道内トップクラスのスケートボーダーや「厚真けん玉クラブ」によるセッションも行う。

 公認大会は午前5時30分からエントリー受け付けを開始し、競技をスタートさせる。PRイベントのマルシェは同10時から、けん玉セッションは同11時30分から予定している。

 一般の入場は無料。町地域おこし協力隊で実行委メンバーの近藤一郎さん(43)は「厚真の魅力を知ってもらい、まちなかに足を踏み入れ、少しでも滞在してもらえるPRができたら」と意欲を見せる。

 大会、PRイベントに関する情報はインスタグラム(@atsuma_open_of_surfing)で確認できる。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス