北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

脱炭素化で協定 會澤高圧コンクリートと京都のケイコン

コンクリート製造道内大手の會澤高圧コンクリート(苫小牧市、會澤祥弘社長)は、国内の同業他社と共に業界の脱炭素化に向けた取り組みを進める。製造過程で温室効果ガス・二酸化炭素(CO2)をコンクリートに封じ込めるなど脱炭素の技術開発推進や、技術の相互移転を行う。第1弾として19日に札幌市内で、同業のケイコン(京都市、荒川崇社長)と協定を結んだ。

脱炭素化に向けた協定を締結した會澤高圧の會澤社長(右)とケイコンの荒川社長

 會澤高圧は、2035年までに製品のサプライチェーン(供給網)全体でカーボンニュートラル(温室効果ガスの実質排出ゼロ)を目指し、同様の協定を来年3月までに同業の約100社と結ぶ方針。現在47社と交渉を進めている。趣旨に賛同したケイコンは、独自に脱炭素化ロードマップの策定に入っており、両社が連携しCO2削減の取り組みを業界で主導していく。

 會澤高圧は、オランダのデルフト工科大学の研究者と共同し、バクテリアの代謝によってひび割れなどを自然修復させる「自己治癒コンクリート」の量産技術を世界で初めて確立。コンクリートの長寿命化を図り、脱炭素化にも貢献する画期的な技術で、20年11月から自己治癒化材の製造を開始した。

 協定の締結により、會澤高圧のこうした技術をケイコンへ移転していくほか、製造過程で原料にCO2を活用し封じ込める技術などの開発を促進したり、排出削減量の管理でも協力し合ったりする。

 會澤社長は「卓越した組織運営のノウハウと経験を持つケイコンと共に協力会社を増やし、一日でも早い脱炭素化のゴールにたどり着きたい」と力を込めた。荒川社長は「脱炭素に向けては、集団的な動きが業界に必要だ。同志の力を結集し、いち早く行動に移すことで持続性のある効果が得られる」と述べた。

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス