北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

米沢則寿氏インタビュー 「大給食」へ シェフも巻き込み食を発信【帯広】

 帯広市長選で4選を果たした現職の米沢則寿氏が18日午前0時ごろ、十勝毎日新聞社と帯広シティーケーブル(OCTV)を訪れ、今後の意気込みを語った。看板政策の「フードバレーとかち」では、「ステージを上げていく」取り組みとして、帯広ならではの学校給食を提供する「大給食プロジェクト」の展開を示唆。ポジティブな人たちが集う「夢かなう十勝・帯広をつくっていきたい」と語った。

OCTVに出演する米沢氏

一定の評価いただいた

 -3期12年の実績を訴えた選挙戦。選挙結果の受け止めと勝因は。
 3期12年の成果を評価してもらう選挙であり、相手候補は私に足りないところ、変えるべきところを論点として主張してきた。当選させてもらったということは、一定の評価をもらったということ。コロナ後の帯広にどのような種をまいて、どのような未来をつくっていくかという私の公約17項目についても、一定の理解をいただいたものと理解している。

 -「フードバレーとかち」を新しいステージに引き上げる公約も含め、今後取り組む市政課題は。
 コロナが大きな分かれ道となり、食という世界の位置付けが変わってくると認識しており、その変化にしっかり対応していかなければならない。それがステージを一つ上げていくことになる。

フードバレー 新たな展開を

 また、十勝の価値、ブランド力をもっと上げなければならない。食を真ん中にしたまちづくりを通し、さまざまな価値が自然と上がるというところに持っていくのが次のステージで、その先には、文化に行き着く。そこに住む人たちの生活文化が評価されないと、そこで作るものも評価されない。公約で公園や森の利活用、デジタルとエネルギー、環境問題を柱に据えたが、産業政策で上げてきたプライスをさらに上げるには、これらのレベルを上げていかなければならない。

 お母さんたちが一番関心のある有機などで、帯広のシェフたちに絡んでもらい、帯広の大給食プロジェクトをやろうと考えている。食材なども含め、十勝でなければできないものをつくり上げ、外部に発信していきたい。

 子どもたちが大人になって外に出たときに、「帯広はレベルの高い給食を出してくれていたんだ」と帯広の良さを分かってもらえる。「フードバレーとかち」のステージも上がり、東北海道の中で帯広の特徴付けをしていくことができる。文化的な活動がこの地域の価値になり、食とのつながりも確認できると思う。

ポジティブな思考で未来へ

 -4期目の意気込みを。
 当たり前のことだが、これまでもこれからも、正しいことを正しく決めて、正しく実行していくことが要求される。できないことをできるかのような錯覚を持たせる発言をしてはいけない。前回の選挙でも「責任ある信頼」という言葉を使った。誠実さや信頼はその先に夢を呼んでくる。前向きで、ポジティブな考え方をして、未来への夢、未来を信じることができる人たちが集まる地域にこそ、関係人口が増える。

 そういう意味で今回の選挙は分かれ道だったが、市民がきちんとした選択をしてくれたと思っている。4年間、精いっぱい汗をかき、みなさんと一緒に夢かなう十勝・帯広をつくっていきたい。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス