北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「十勝晴れ」碧雲蔵で醸造 酒米栽培、現体制は今年限り【帯広】

 とかち酒文化再現プロジェクト(代表・増田正二帯広信用金庫相談役)は15日、2022年産酒米を使った日本酒「十勝晴れ」の醸造元を帯広畜産大学内の酒蔵「碧雲蔵」に変更することと、22年産分を最後に現体制での酒米栽培を休止する方針を同時に明らかにした。原材料から醸造まで十勝で完結する商品が初めて実現するが、栽培体制の再構築ができなければ、数年後には「十勝晴れ」の販売が終了する可能性もある。

醸造先の変更や酒米栽培の後継探しと、新たな段階へ動きだすプロジェクトメンバー。右から増田代表、白木さん、塚原社長、田中社長、藤井英一帯広酒販協同組合理事長、長澤秀行帯畜大学長

 十勝管内には長く酒蔵がなく、地酒復活を目的に10年、同プロジェクトを開始。醸造は田中酒造(小樽市、田中一良社長)が担ってきた。醸造先の変更方針は1月の同プロジェクト連携機関会議で確認。15日に市内の帯信金第2ビルで開いた同会議で、碧雲蔵の醸造を担う上川大雪酒造(上川管内上川町)の塚原敏夫社長が出席し、参画を正式に確認した。

 碧雲蔵は20年に上川大雪酒造が十勝の事業者らと立ち上げた十勝緑丘(帯広市、塚原社長)が開設した国内初の大学構内酒蔵。塚原社長は「十勝の地酒として期待に応えられるものを造りたい」と話した。

農家の後継探し 今後の方向模索

 一方、原料の酒米「彗星」は、音更町十勝川温泉の農家・白木祐一さん(77)の水田で栽培を続けてきた。現在の面積は2.64ヘクタール。作業は連携機関も協力しているが、管理など主軸は白木さん自身が担う。年齢的な理由もあり、以前から連携機関のJA木野などが後継を探しているが、現時点ではいないとする。

 増田代表は「酒蔵の開設も目指したが、法律と採算の壁で断念した経緯がある。田中酒造と白木さんには感謝しかない」とし、「今年収穫分で2年は醸造が継続できる。その間、後継を広く探し、プロジェクトの在り方も検討していく」と話した。

関連記事

苫小牧民報

登別・白老観光協 「るるぶ」特別版発行 絶景、グルメなど魅力満載

登別市・白老町観光連絡協議会(会長・小笠原春一登別市長)は20日までに、両市町の観光情報に特化した旅行情報誌「るるぶ」特別版を1万5000部発行した。作製は同誌を発行するJTBパブリッシングが担当...

苫小牧民報

ソロプチ苫小牧チャリティー寄席 三遊亭好楽さんら出演

女性による奉仕団体「国際ソロプチミスト苫小牧」(後藤裕子会長)主催の「承認45周年記念 チャリティー寄席」が20日、苫小牧市民会館で開かれた。約900人が来場し、長寿番組「笑点」でおなじみの三遊亭...

十勝毎日新聞

消防団の金子さん 初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」【新得】

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

十勝毎日新聞

求人サイト開設「人手不足解消に」 北海道圧接業協同組合【帯広】

 北海道圧接業協同組合(山田賢悟理事長、11社)は独自の求人サイト「ビジネスワークジョブ」https://basserbiz/indexを開設した。年会費3万円のみで登録でき、成功報酬は無料。山田理事長=SPH山田(帯...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港寄港へ 7月20~22日 一般公開予定【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が7月20~22日、訓練と広報活動を兼ねて、広尾町内の十勝港に寄港することが決まった。期間中、一般公開を予定している。広尾側は歓迎行事を計画、役場、商工会、自衛隊協力...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス