北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

23日にマルシェ 市民への感謝込め魚介類販売【函館】

販売イベントとミニライブをPRする関係者

 顔の見える漁業をアピールするイベント「ハコダテフィッシャーマンズマルシェ」(シエスタハコダテ主催)が、23日午前11時から同施設屋外テラスで開かれる。函館産の活アワビや活ツブ、アカザラ貝、煮タコの刺し身など多彩な魚介、加工品を販売する。漁師たちは「市民への感謝の意を込めたイベントにしたい」と張り切っている。

 シエスタ5周年感謝祭の一環で、函館の若手漁師が捕れたての魚介類を直売するイベントを、昨年2月以降続けてこられたことに感謝する。

 当日は、活アワビ400グラム3500円、活ツブ1キロ600円、アカザラ貝300グラム800円のほか、ホッケのすり身150グラム300円、ホッケの冷凍フライ5枚入り400円、揚げホッケフライ2枚入り300円、揚げサクラマスフライ2枚入り400円、サクラマス切り身冷凍3枚入り300円などが並ぶ。フィッシャーマンズ発起人の熊木祥哲さん(41)=市漁協所属の漁師=は「ホッケ、サクラマスとも脂がのっておいしい。お世話になったシエスタや無印良品、力を貸してくれた市民への恩返しの気持ちを込め、販売したい」と話す。

 また、函館市戸井地区の漁師が捕ったマダコをボイル、刺し身にして240グラム500円、110グラム300円で売り出す。父と兄が漁師の函館の会社員、石田静佳さん(33)は「父と兄が漁獲したおいしいタコを多くの人に知ってほしい。丁寧に下処理しているので、柔らかくどの年齢層でも食べられる」とPR。新型コロナウイルス禍で需要が減り、タコが売れない状況もあったが、今回初めて催事に出展し活路を探す。魚介の販売はなくなり次第、終了。

 午後3時からは「函館の中心で魚を叫ぶ」と題し、魚専門シンガー・ソングライターの齊藤いゆさん(30)=函館出身=がテラスでミニライブを開催。イワシをテーマにしたオリジナルソング「わっしょいわし」、サクラマスの楽曲も制作し披露する予定。齊藤さんは「スペシャルな楽曲も用意するので、楽しみにしてほしい」と笑顔。わっしょいわしの際は熊木さん、石田さん、福田海産(函館)の福田久美子社長(65)らも登壇し、ライブを盛り上げる。

 問い合わせは、シエスタハコダテ(0138・31・7011)へ。

関連記事

苫小牧民報

登別・白老観光協 「るるぶ」特別版発行 絶景、グルメなど魅力満載

登別市・白老町観光連絡協議会(会長・小笠原春一登別市長)は20日までに、両市町の観光情報に特化した旅行情報誌「るるぶ」特別版を1万5000部発行した。作製は同誌を発行するJTBパブリッシングが担当...

苫小牧民報

ソロプチ苫小牧チャリティー寄席 三遊亭好楽さんら出演

女性による奉仕団体「国際ソロプチミスト苫小牧」(後藤裕子会長)主催の「承認45周年記念 チャリティー寄席」が20日、苫小牧市民会館で開かれた。約900人が来場し、長寿番組「笑点」でおなじみの三遊亭...

十勝毎日新聞

消防団の金子さん 初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」【新得】

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

十勝毎日新聞

求人サイト開設「人手不足解消に」 北海道圧接業協同組合【帯広】

 北海道圧接業協同組合(山田賢悟理事長、11社)は独自の求人サイト「ビジネスワークジョブ」https://basserbiz/indexを開設した。年会費3万円のみで登録でき、成功報酬は無料。山田理事長=SPH山田(帯...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港寄港へ 7月20~22日 一般公開予定【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が7月20~22日、訓練と広報活動を兼ねて、広尾町内の十勝港に寄港することが決まった。期間中、一般公開を予定している。広尾側は歓迎行事を計画、役場、商工会、自衛隊協力...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス