北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「文藝えりも」発行【えりも】

【えりも】町文化協会(嵯峨直樹会長)はこのほど、町民などから寄せられたエッセー、随筆、短歌、川柳、俳句などを収録した「文藝えりも」第31号を発行した。

 巻頭は、山崎郁子さんが「季節を彩る野の花の息吹」で、野草観察会での感動を綴っている。このほか前半のエッセーでは、「美しい桜・学ぶ喜び・守る努力」(同人)、「秋の虫と過ごした思い出の十日間」と「鶴のいる岬」(桑折広幸)、「聖徳太子との出遭」と「伝記物語」―親鸞聖人の出家―(鈴木勇高)。

 随筆は、航海士の任務を綴った「言葉」(高橋良司)、「陶芸家になって~陶芸家として」(斉藤千賀子)。

 詩は、「新雪の朝」(桑折広幸)。短歌は3人が「家へ帰ろう」と「なごり雪(林かおり)に7首づつ、「片言隻歌」(高橋良司)に5首、「亡き母を想いて」(酒井優子)に3首。川柳は3人が「ばあちゃんへの川柳」(酒井貞彦)4句、「父逝きて」(中村昌子)に3句、「二刀流」(草野泰子)に 7句を投句。 

 俳句は、えりも吟社会員8人が「花火」(柴田岳人)、「八重桜」(佐々木凌子)、「帰り花」(鈴木周子)、「秋深む」「佐々木蓉子)、「空蝉」(蛯名渚)、「水温む」(鈴木勇高)、「春の滝」(小山内栄峰)、「福寿草」(長岡青風)に、7句ずつ投句している。

 表紙題字は、元えりも高書道講師の故・佐藤尚徳さん。表紙画はえりも高2年の宝金楓夏さん。A5判45㌻、1冊500円で町福祉センター内の町文化協会事務局(☎2・2526)で扱ってる。

発行された「文藝えりも」

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス