北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

全国に先駆け災害協定 室蘭歯科医師会と日鋼記念病院【室蘭】

協定書を手にする仲川会長(右)と有賀理事長

有珠山噴火震災発生時、円滑な医療活動へ

 室蘭歯科医師会と日鋼記念病院は18日、西胆振で発生した災害時に歯科医療活動をスムーズに行う協定を結んだ。圏域で唯一の歯科口腔(こうくう)外科を有し災害拠点病院にも指定されている同病院に患者を搬送したり、同病院歯科医師が現地で応急処置したりして被災者を支援する、全国に先駆けた取り組みだ。

 協定の内容は、①災害時に歯科医療が必要な急性期患者を同病院で受け入れる②同病院歯科医師による急性期患者の治療を目的とした他院などへの派遣―の2点。

 西胆振で有珠山噴火や地震が起きた際、同歯科医師会は被災地で支援活動を行う。顎や顔面の骨折などで緊急の歯科医療が必要となった被災者に対し、応急処置の上で設備の整った同病院へ速やかに搬送し対処する。災害拠点病院の同病院は、入院患者約500人分の食料や飲料水を数日分備蓄しているほか、簡易ベッドや医療器材、医療消耗品などを保管。歯科関係ではポータブル式診療ユニットがあり、同病院歯科医師が被災地に出向き、治療を行うことが可能だ。

 2000年(平成12年)の有珠山噴火、11年の東日本大震災で支援活動に携わった同歯科医師会の仲川弘誓会長は、災害発生直後は現地が混乱し、速やかな歯科医療が提供しづらい現状を経験。「事前に取り決めしておけば効率的な支援を行える」と1年前から同病院に打診し、室蘭市や胆振総合振興局の協力も得て協定締結が実現した。仲川会長によると、同様の協定締結のケースは全国的に聞いたことがないという。

 同病院を運営している社会医療法人母恋の有賀正理事長は「医療人として組織として社会に貢献する」という法人の使命として、協定を結んだと強調。歯科口腔外科の榊原典幸主任科長は歯科医師は現在6人体制とマンパワーが充実している中、「被災者への適切な治療に努めたい」と力を込める。今後は年1回ペースで会合を開き、情報交換や協力体制の強化を図る。

 同歯科医師会は西胆振3市3町の歯科医師110人で組織。日鋼記念病院は西胆振の中核病院の一つとして職員785人体制だ。

 ※榊原典幸主任科長の「榊」は「示」が「ネ」

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス