北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

乳製品 寄付や配布で応援 JA豊頃や生産者ら【豊頃】

 豊頃町の農事組合法人Jリード(井下英透代表)などは、生乳の出荷先である乳業メーカーからバターを買い取り、こども食堂北海道ネットワークを通じて全道に配布する取り組みを始めた。

施設にバターや牛乳を寄贈した井下代表(右)。左は石塚理事長

 地元でも消費拡大を図るためにJリードは町内の山口牧場と結束して、特別養護老人ホームなどを運営する社会福祉法人豊頃愛生協会(石塚周二理事長)に協力を依頼。24日には井下代表が特別養護老人ホームとよころ荘を訪れ、よつ葉乳業のバター50個と牛乳(1リットル)30本を贈った。井下代表は「職員や入所者が牛乳を飲んで元気に過ごしてほしい。こうした動きがさらに広がれば」とし、受け取った石塚理事長は「牛乳は最高の健康食品。大変な状況なので、わたしたちも協力したい」と話していた。

 また、JA豊頃町(山口良一組合長)では、約30万円の予算内でよつ葉乳業の牛乳や飲用ヨーグルトなど5種類計約4000本を購入。本所の入り口前に冷蔵ケースを6日から設置し、来年1月31日まで牛乳などを常備する。職員が自由に取って飲んだり、来客者に振る舞ったりしている。

入り口前に冷蔵ケースを置いて牛乳などを常備し、職員や来客者に振る舞っているJA豊頃町本所

 同JAによると、町内の酪農家戸数は43戸で、1戸当たりの年間生乳生産量は年々増加。今年度は過去最高の7万3000リットルに達する見通しで、畜産課の岡田博史畜産振興係長は「生産者が搾った生乳を廃棄することは避けたい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス