北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

乳製品 寄付や配布で応援 JA豊頃や生産者ら【豊頃】

 豊頃町の農事組合法人Jリード(井下英透代表)などは、生乳の出荷先である乳業メーカーからバターを買い取り、こども食堂北海道ネットワークを通じて全道に配布する取り組みを始めた。

施設にバターや牛乳を寄贈した井下代表(右)。左は石塚理事長

 地元でも消費拡大を図るためにJリードは町内の山口牧場と結束して、特別養護老人ホームなどを運営する社会福祉法人豊頃愛生協会(石塚周二理事長)に協力を依頼。24日には井下代表が特別養護老人ホームとよころ荘を訪れ、よつ葉乳業のバター50個と牛乳(1リットル)30本を贈った。井下代表は「職員や入所者が牛乳を飲んで元気に過ごしてほしい。こうした動きがさらに広がれば」とし、受け取った石塚理事長は「牛乳は最高の健康食品。大変な状況なので、わたしたちも協力したい」と話していた。

 また、JA豊頃町(山口良一組合長)では、約30万円の予算内でよつ葉乳業の牛乳や飲用ヨーグルトなど5種類計約4000本を購入。本所の入り口前に冷蔵ケースを6日から設置し、来年1月31日まで牛乳などを常備する。職員が自由に取って飲んだり、来客者に振る舞ったりしている。

入り口前に冷蔵ケースを置いて牛乳などを常備し、職員や来客者に振る舞っているJA豊頃町本所

 同JAによると、町内の酪農家戸数は43戸で、1戸当たりの年間生乳生産量は年々増加。今年度は過去最高の7万3000リットルに達する見通しで、畜産課の岡田博史畜産振興係長は「生産者が搾った生乳を廃棄することは避けたい」と話している。

関連記事

釧路新聞

ホッケ安全操業初出漁 国後周辺、7㌧水揚げ【羅臼】

 【羅臼】日ロ政府間の協定に基づき、北方領土国後島周辺で行われる安全操業のホッケ刺し網漁が9月30日、解禁から2週間遅れて初出漁し、許可船9隻が羅臼漁港に7㌧(前年同期18㌧)を水揚げした。8隻...

苫小牧民報

命の大切さ訴える 日本笑い学会講師の古屋さん 白老中で特別授業

白老中学校で28、29両日、日本笑い学会講師の古屋良一さん(64)=白老町在住=を迎えた特別授業が行われた。各学年の各クラスで計6時間にわたって講話し、生徒に人間関係や命の大切さなどを訴えた。 ...

苫小牧民報

リハビリ・ケア研究大会開幕 苫小牧市内3会場で講演や展示 

リハビリテーション分野で国内最大規模の学術集会「リハビリテーション・ケア合同研究大会」が30日、苫小牧市民会館で開幕した。道内では2012年の札幌に次いで2回目で、10月1日まで市内3会場で開催。...

十勝毎日新聞

「パン王国」実現へ準備室 食べ方提案、麦音拡張【帯広】

 満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は30日、新たな部署として「とかちパン王国準備室」を9月1日に設立したと発表した。同社のビジョン「2030年十勝がパン王国になる」を具現化するため、準備室では...

十勝毎日新聞

「宇宙と地域 距離縮まった」 500人参加、サミット閉幕【帯広】

 帯広市内のベルクラシック帯広で29日に開かれた「北海道宇宙サミット2022」(実行委主催)は、投資、娯楽、農業など多角的な切り口で宇宙産業の可能性を議論し、幕を閉じた。大樹町が掲げる北海道スペ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス