北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「従事したい」1割未満 部活動地域移行でアンケート 函館市教委【函館】

 函館市教委は、昨年12月に実施した部活動の地域移行に関する教職員や保護者などへのアンケート結果をまとめた。地域のクラブに活動が移行した場合、兼職兼業(地域団体が教職員を雇う)の許可を得た上で指導に従事したいと回答した教職員は小中学校合わせ1割に満たなかった。団体が地域移行の実施主体となることについて、約2割が「前向きに検討したい」、約4割が「条件によっては検討可能」と答え、指導員や受け入れ先の確保が難しい実態が浮かんだ。

 調査は、市立小中学校の児童生徒や保護者、教職員、部活動地域支援者、運動・スポーツ、文化芸術関係団体の計1万6685人に地域移行に関する意向を尋ね、9435人(回答率56・5%)が回答した。

 地域移行した場合、休日のみ指導に従事したいかとの問いには、小学校教職員は「従事したい」が1・1%、中学校教職員は「従事したい」が6・6%にとどまった。

 団体が地域移行の実施主体となることに関し「前向きに検討したい」が23・1%、「条件によっては検討可能」が40・4%、「条件に関わらず実施は困難」が36・5%。

 休日の学校部活動が地域クラブ活動に移行した場合の心配や不安に関する設問では、小中学生の保護者とも「学校以外の活動場所までの移動手段や送迎の負担」「会費などの経済的負担」「受け皿となる団体や指導員の確保」が上位3つを占めた。

 また、小中学生の保護者とも地域移行について「何となく聞いたことがあるが、よく分からない」「知らなかった」を合わせると約7割に上った。教室やクラブに参加させる場合の費用は、小中学生の保護者とも月額3000円が約5割と最も高くなっている。

 中学生に対し、休日の学校部活動が地域クラブ活動に移行した場合、心配なことを聞いたところ「特になし」が約4割でトップ、次いで「教室・クラブの指導者や他校の生徒との人間関係」「学校の顧問の先生と教室・クラブの指導者との指導方法・内容の違い」「活動場所までの移動手段」と続いた。

 国は、地域移行に関し2023~25年度を改革推進期間と設定。市も昨年6月、協議会を設置し23年度は4回の会合を開いたほか、市職員が先進地視察などを行った。市教委教育政策課は「新年度に協議会で推進計画を策定し、地域移行の方向性やスケジュールを示す。アンケートでは指導に関わってもいい、受け入れてもいいという声は少なく、現段階ではクリアすべき課題が多い。情報発信に力を入れ、地域連携・地域移行を段階的に進めていきたい」としている。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス