北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

豊西牛のユッケ提供 「焼肉の虎」地産地消を推進【帯広】

 ルーキーファーム(帯広市、加藤祐功社長)が運営する焼き肉店「焼肉の虎」が、ブランド牛「豊西牛」のユッケとカルビの提供を始めた。新メニューを通し、地産地消の推進と食肉用ホルスタインの普及拡大を目指す。

焼肉の虎で提供が始まった豊西牛ユッケとカルビをPRする小倉専務(右)と小原部長代理

 豊西牛はトヨニシファーム(同、小倉修二社長)が2013年にブランド化。通常より長い約20カ月肥育したホルスタインで、脂身の少なさと肉質の軟らかさが特徴。コロナ下はハンバーグなどの加工品需要が増加した一方、飲食店での取り扱いは減少。現在、取引店舗数はコロナ前の7割程度だという。地場産食材を十勝で食べる機会を増やすため、帯広物産協会(小倉豊会長)が会員企業の両者をつなぎ合わせた。

 ユッケ(50グラム、1188円)はモモ肉を使用。豊西牛の生食用加工は初で、製造許可を持つ東洋食肉販売十勝事業所(同、片山丈浩所長)が商品化した。片山所長によると、「首都圏では霜降りが好まれるが、ユッケは赤身肉の方が向いている」。ルーキーファーム焼肉の虎事業部の小原博規部長代理は「地元の人や観光客など多くの人に食べてもらいたい」とPRしている。音更町内の木野店限定で提供する。カルビ(200グラム、1089円)はリーズナブルな価格で食べ応えのある量を提供する。

 現在、トヨニシファームではオスのホルスタインを約2500頭肥育しており、そのうち25%ほどを豊西牛として出荷している。小倉広樹専務は「飲食店で提供することでより多くの人に親しんでもらい、豊西牛として出荷する頭数の割合を増やしていきたい」とし、「肥育コストが上がって厳しい状態にある業界全体の盛り上げにつながれば」と話している。

関連記事

室蘭民報

市橋さん考案「室蘭チップス」最優秀賞、地元海産物応援レシピ審査結果【室蘭】

 室蘭商工会議所、室蘭漁業協同組合が地元水産業の活性化に向けて実施した、料理レシピの審査結果がまとまった。最優秀賞には市橋麻子さんが考案した、季節の魚と野菜などに衣をつけてふんわり揚げた「室蘭チ...

室蘭民報

一口で食べる幸せ 「おいしいまんじゅうミニ」新発売、わかさいも本舗【洞爺..

 わかさいも本舗(本社・洞爺湖町)は、人気商品「おいしいまんじゅう」のミニサイズ版「おいしいまんじゅうミニ」を新発売した。同社は「『一口で食べる幸せ』をお楽しみください」とPRしている。  2...

十勝毎日新聞

清見100%のロゼ 今年も 淡いピンクに磨き めむろワイナリー【芽室】

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(町中美生、尾藤光一代表)の、2023年ビンテージ「たのしむ 清見ロゼ」(1本750ミリリットル、4950円)が完成した。5月1日から販売を開始する。 ...

十勝毎日新聞

こだわりコーヒー「商」学校で提供中 グリーンファイブ【帯広】

 コーヒー豆販売の「グリーンファイブコーヒー」(帯広市、鈴木孝直代表)は19日まで、帯広広小路内の帯広まちなか「商」学校(西2南8)に出店し、コーヒーを提供している。  同社は自家焙煎(ばい...

十勝毎日新聞

「MOGMOG&」からあげGP3年連続金賞【帯広】

 唐揚げ日本一を決める「第15回からあげグランプリ」で、テークアウト専門店「MOGMOG&(モグモグアンド)」(帯広市西16南4、岸田友恵代表)の「とかち×ザンギ」の豚丼風とゴボウ味が、金賞(東日本...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス