北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

自慢のしょうゆラーメン食べに来て! みうら商店 9日に町中華店オープン【新得】

 新得町で食品製造・販売業を営む「みうら商店」が、9日に中華料理店をオープンする。腕を振るうのは道外のラーメン店で修業経験がある三浦貴宏社長(50)。長年、夢見てきた地元での飲食店開業を目前にし、「地域密着で誰でも気兼ねなく来店できる町中華を目指す」と意気込んでいる。

自慢の醤油ラーメンを手にする三浦社長

 三浦社長は新得出身。鉄工所やガラス細工工房などでもの作りの仕事をした後、父親の故宏之さんが経営する同商店の店長を務めた。41歳の時、飲食店開業の夢をかなえるため、愛知県を中心に展開するラーメンチェーン店で6年間修業し、最後の1年間は店長を任された。2021年に宏之さんが亡くなったことをきっかけに帰郷し、後を継いだ。

 「先代社長が亡くなって店を継いだ時から、いずれは飲食店を開こうと思っていた」と三浦社長。2年間の構想の末、店の半分を改築して中華料理屋を開くことに決めた。

 店のおすすめはしょうゆラーメンだ。低温で5時間以上かけて煮込んだ鶏ガラベースのスープに豚の背脂がかかり、「こっさり」(こってりとあっさりの中間)とした味わい。麺は細麺と中太麺から選べ、固さやネギ、背脂の量などカスタマイズもできる。一品料理やご飯ものも用意するほか、週3日の夜営業では同商店自慢の魚の干物もその場で焼いて提供する。

 店内は町中華らしからぬシックな内装。「夜営業があるし、お酒も出すのでそういった雰囲気も取り入れた」。4月26日には町民らを招いてプレオープンを行い、評判も上々だった。三浦社長は「いろいろな人とのつながりの中で開業できる。客との距離が近く、温かい店にしていきたい」と話している。

 営業時間は昼が午前11時~午後2時半(ラストオーダー同2時)、夜が午後5時~同11時(ラストオーダー同9時半)。水曜定休で、夜営業は日曜を中心に週3日ほど行う。商店の営業は変わらずに続ける。

 問い合わせは同店(0156・64・5239)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

十勝毎日新聞

米粉シフォン専門店 グルテンフリーで差別化【池田】

 米粉を使ったシフォンケーキを製造・販売する「佳き日」が池田町利別本町61ノ3にオープンした。森田大代表(44)は小麦などの穀物から生成されるたんぱく質の一種「グルテン」を摂取することで肌荒れや腹...

室蘭民報

親しまれる味、提供したい 「鶏ざんまい」みたら室蘭に移転【室蘭】

 室蘭市内で飲食店を運営するスクラッチオールサービス(後藤田勇人代表取締役)の「からあげ専門店 鶏ざんまい」が、室蘭市中島町から祝津町の道の駅カナスチールみたら室蘭内に移転した。月ごとにお薦めの...

十勝毎日新聞

音更産アスパラ甘く肉厚 北の屋台でフェア【帯広】

 帯広市内の「北の屋台」(全20店)で、音更町産のアスパラガスを使用した「アスパラフェア」が開催されている。各店のオリジナルメニューで、新鮮な春の味覚を楽しめる。6月1日まで。  毎年恒例の...

十勝毎日新聞

古田牧場が感謝の無添加アイス 全国販売目指しCFも【士幌】

 士幌町内の古田牧場(中音更西3線、古田全利代表)は、無添加のアイスクリーム「今日もまた牛を愛そう」(410円、90ミリリットル)を発売した。町のふるさと納税の返礼品に続く第2弾で、道の駅ピア21...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス