北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

英語版出版へ 地域おこし協力隊員の乾さん最後の大仕事  

2月末で白老町地域おこし協力隊員の任期を終える乾藍那さん(37)=アイヌ文化振興担当=は最後の大仕事として、アイヌ刺しゅうや木彫りを手掛ける町内の作家とサークルを紹介する冊子「白老ハポの手仕事」の英語版を作製している。出版に向け3月10日から、インターネットで資金を募るクラウドファンディング(CF)を実施する。「英語版を作ることで、国外の人にもアイヌ文化の奥深さや素晴らしさを伝えたい」と話している。

山崎シマ子さん(右)に取材する乾さん(提供)

 英語版は、昨年4月に完成した17個人・団体の日本語版(A4判、30ページ)に新たに6人を加え、10ページ増の計40ページ、オールカラーを予定している。女性たちが受け継いできた刺しゅうや被服、編み物などの手仕事への意欲や作品に込めた思いのほか、男性作家の木彫に懸ける情熱にも触れる。

 ハポは、アイヌ語で「母」の意味。昨年12月に文化庁長官表彰を受けた高砂町の工芸作家で町伝統文化継承者、山崎シマ子さん(83)の印象から名付けた。町内で活動している女性作家の多くが、育児を一段落させた50代から本格的な研さんを積んだことへの敬意も込めている。

 CFの目標金額は30万円で、募集期間は4月15日まで。プランは1000円から5万円までの8段階、約35種類。発送を一緒に手伝う体験型の支援もある。返礼品はお礼のメールや作家の作品など。資金は印刷や発送費用などに充てる。

 募集締め切り後に2000部を印刷し、町内外への無料配布を始める。町内では訪日客が集まるポロトミンタラや宿泊施設などに置き、アイヌ文化に関心がある国内外の大学などの研究機関への発送も視野に入れている。

 着任間もない2021年10月から、伝統技法の体験をはじめアイヌ文化に関わる人たちの話を聞く中で「アイヌ民族への計り知れない差別と苦労を知った」と語る乾さん。「白老の皆さんと苦楽を共にし、自分のことも分かってもらいたい」と、アイヌ民族の魅力や精神文化を世界に発信することに力を注いできた。「2年半、たくさん方が優しく包んでくれた」と振り返り、集大成に向け全力を挙げる。

 冊子に掲載される個人・団体は次の通り。

 ▽日本語版にも掲載=エミナの会、エコロイコロ、河岸洋美さん、河岸麗子さん、下河ヤエさん、チシポの会、テケカラペ、のんのクラブ、フッチコラチ、山内久美子さん、やまだ民芸社、吉国幸子さん、木ぼりの吉田民芸、白老アイヌ協会事業拠点所「ノシキ」、しらおいイオル事務所「チキサニ」、白老民族芸能保存会、白老楽しく・やさしいアイヌ語教室

 ▽英語版に新たに掲載=能登康昭さん、濱中高子さん、平田早苗さん、丸岡元枝さん、牟田糸子さん、横山幸子さん

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス