北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ウミウシぬいぐるみ作家・竜胆さん、カプセルトイ商品化【北斗】

竜胆さん力作のウミウシぬいぐるみと商品説明ポップ

 【北斗】海底に生息する生き物「ウミウシ」に注目したぬいぐるみを制作している北斗市在住の「竜胆(りんどう)」さんの作品が初めてカプセルトイ化され、全国で発売される。4月から書店やスーパーマーケットのカプセル自動販売機コーナーで購入できる。

 竜胆さんは、学生時代から趣味で制作活動を行い、家業を手伝う傍らフェルト羊毛や樹脂を使ったレジンアクセサリーなどを作成。ある時、書店でウミウシを特集した本に出会い、その不思議で愛らしい魅力に衝撃を受けた。関連するグッズを雑貨店などで探すも取り扱いがなく、「ならば自分で作ってみよう」と制作を決意。2022年9月には函館蔦屋書店(石川町)で開催したイベントに出店し、手作りのウミウシぬいぐるみを販売。SNSでも自身の作品を紹介し、希少で個性的な力作が熱心なファンを集める。

 作品は全てオリジナルで素材にもこだわる。理想とする生地が日本では手に入らず、英国・ロンドンの印刷会社「コントラード」から取り寄せ、綿は布団にも使用するテイジンテトロン綿を使用。一つの作品完成まで約60時間かかるという。

 23年2月に東京で開催した造形とフィギュア作家の一大イベント「ワンダーフェスティバル」に初参加し、作品6点を販売。一つ当たり1万5000円の商品は、予想を超える反響があり完売した。その際に視察に訪れた玩具メーカー「いきもん」(東京、佐藤純也社長)の担当者が、竜胆さんの作品にひかれ商品化を提案。カプセルトイ用に型紙を描き下ろしサンプル制作を重ね、発売につながった。

 カプセルトイは全5種類で400円。商品の大きさは10センチ。竜胆さんは「海中にこれほど美しい生き物がいると知り、海の怖かったイメージががらりと変わった。本がきっかけで好きになったウミウシの魅力を、今は自分が伝え手として多くの人に広めたい」と笑顔で話している。

関連記事

苫小牧民報

樽前SAにローソン 道内高速道路では初出店 苫小牧

道央自動車道樽前サービスエリア(SA)=苫小牧市錦岡=の上下線に19日、コンビニ大手ローソン(東京)が新店舗をオープンさせた。道内の高速道路では初出店となる。  同SA内で今年3月末に閉店し...

苫小牧民報

お笑い芸人の竹森巧さんら出演 あす「愛ライブ白老フェスタ」

北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の竹森巧さん(46)と白老町竹浦のシンガー・ソングライター吉井さつきさん(23)の音楽イベント「愛ライブ白老フェスタ」が21日午後3時から、町本町のしらおい...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港に 22日まで一般公開【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が20日午前、広報活動の一環として、広尾町内の十勝港に初めて寄港した。関係者や一般住民に内部が公開され、大勢の見学者が訪れた。22日まで一般公開される。  いせは基...

十勝毎日新聞

ヤマダ陸上部 中学生指導 町内で合宿中【大樹】

 ヤマダホールディングス(HD)陸上競技部(女子中長距離)の選手が大樹町を訪れ、18日には町中央運動公園で、大樹中陸上部(岡崎昊汰部長)の生徒に特別レッスンを行った。  同部は大樹町の友好都市...

十勝毎日新聞

母校の生徒にボルダリングを 市内のジム、土日に無料開放【帯広】

 帯広市内の電信通にあるボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」(市東2南5)は20日、指導者を務める前田則文さん(33)の母校の在校生と卒業生を対象に無料開放を始めた。9...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス