北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

畑にふくらむパンの夢 とやま農場内「ベーカリーシュマン」2日開店【帯広】

畑のそばに設けられたパン店と代表の岡田さん

 周囲に畑が広がる帯広市郊外に12月2日、十勝産食材をふんだんに使ったパン店「ベーカリー chemin(シュマン)」(美栄町西7線127)が開店する。代表の岡田昌樹さん(46)は「小麦などの原材料を作る農家さんと食べてくれる消費者の架け橋のような存在になりたい」と話している。

 岡田さんは岩見沢市出身。同市内のパン店で7年間勤めた後、2009年から満寿屋商店(本社帯広市)で勤務。同社では、国立市(東京)に以前あった店舗で工場長、今年3月の退職時は「麦音」(帯広市稲田町)で副店長を務めていた。パン職人としては「2018パングランプリ東京」(東京都パン商工協同組合主催)の「自家製発酵種を使ったフランスパン部門」で優秀賞に輝くなどの実績がある。

 「畑のそばでパン屋を開くことが夢だった」と岡田さん。以前から親交があった「十勝とやま農場」に思いを伝えたことをきっかけに、同農場の敷地内に店を設けることが決まった。

 「農家さんの思いをパンで表現したい」と小麦は全て十勝産を使用。パンは食パンや十勝あんパン、塩バターパンのほか、同農場の黒大豆を酵母に使った黒大豆パン「パン・ド・ファームTOYAMA」など。十勝産食材は卵や牛乳のほか、アマニ、マスタードなども。1個150~400円ほどの価格帯で提供する。

 温かみのあるベージュ色のコンテナが店舗。周囲に小麦畑や日高山脈などを望み、近くには小川が流れる。岡田さんは「十勝の四季を感じられる場所」と気に入っている。店名の「シュマン」はフランス語で「道」「農道」を意味し、「農家さんと消費者が出会う場という思いを込めた」と話している。

 営業時間は午前10時~午後5時(売り切れ次第終了)。火曜定休で祝日時は営業する。12月は無休とし、天候によって臨時休業する場合もある。問い合わせは同店(080・1883・5568)へ。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス