北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

来月からホタテ5割減産へ 資源量不足で【別海】

 【別海】東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出に反発し、中国が日本産水産物の輸入を全面的に停止する中、国内有数のホタテの産地である野付漁協は、12月から始まるホタテ漁の漁獲量を1300㌧と例年の5~6割に減産する。漁期は来年4月末までと例年より1カ月前倒す。資源量が少ないためで、中国の禁輸は直接的に影響していないとしているが、他の魚種も夏の高温の影響で禁漁を余儀なくされるなど近年にない気象条件も相まって、厳しい年を迎えそうだ。

 同漁協によると、ホタテはもともと3年前の稚貝の資源量が少ないことや、夏の高海水温などもあり事前の調査で規格に達するホタテが少なく、今月8日に尾岱沼漁港に水揚げする根室管内5漁協のホタテ生産者の会議で減産を決めた。例年、冬場は2000~2500㌧を上限としてきたため、今季はピーク比でほぼ半減となる。中国の禁輸の影響も見通せない中、生産現場は厳しい冬となりそうだ。

 ホタテ以外にも夏の高温でアサリやエビなど水深の浅い場所で育つ魚種は大打撃を受けた。9月のアサリ漁は日射で貝の口が開き100㌧近くを廃棄。エビ漁は夏(6~7月)と秋(10~11月)に年2回行うが秋漁を中止した。9月に例年より3週間ほど早く行った漁獲枠調査では抱卵している雌が極端に少なかった。専門家によると、高水温で卵が発眼せず雌が抱卵を放棄したと見ている。この理由による禁漁は初めてだという。動力を使わず明治期からの漁法「打瀬舟」で行う野付の秋エビはお歳暮用として人気があるが、今年は対応することができない。

 内藤智昭専務は「本当に厳しい状況」と頭を抱えるが、ホタテに関してはふるさと納税の返礼品として依然として、全国から引き合いがあることに「町の積極的な発信もありたくさんの人に応援してもらい、ありがたい」と話している。

減産計画で来月から始まるホタテ漁(写真は2021年4月、尾岱沼漁港)

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス