北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

網走タイムズ

働き盛りもしっかり食事 栄養メニューを手作り 食生活改善協「ワンデイシェフの日」

働き盛りのための料理を作る参加者

 【網走】若者や働き盛りの人たちを対象にした、市食生活改善協議会(吉阪一子会長)の料理教室「ワンデイシェフの日」が、市保健センターで開かれた。

 一日三食取らなかったり、食事の時間が不規則になりがちな人たちに、しっかりと食事をすることの大切さを知ってもらうとともに、短時間で調理でき、かつ栄養価もしっかりとした料理を学んでもらおうというもの。働き盛りの世代を中心に、10代から60代までの17人が受講した。

 メニューは「ひじきのナムルビビンバ」「えのき&おから入りハンバーグ」「ソーセージのスンドゥブ」の3品。

 働き盛りを対象にしているため、接種できるエネルギー量を高めにしているほか、タンパク質なども多めに設定する一方、料理をする機会が少なくなりがちな若い人でも手軽に出来るよう、魚肉ソーセージなど身近に手に入るものを中心にレシピを作っている。

 参加した人たちは日ごろから包丁を振るっている人もいたが、多くは料理が未経験。同協議会のメンバーに教わりながら具材を切ったり、野菜をゆでるなどしていた。

 中には、材料を入れてこねたひき肉を適量取り、ハンバーグの形に整えると、中の空気を抜くために「ペタッ、ペタッ」と両手を上下させてひき肉を手のひらに当てるなど、プロ並みの手さばきを披露する人も。

 男性に女性、10代から60代と幅広く参加したことで、互いの交流にもつながったようだ。

 出来上がった料理は、さっそく試食。エノキやおからが入ったハンバーグ、韓国のピリ辛調味料「コチュジャン」が入ったスープなど、若い世代でも楽しめる味に仕上がった料理は、どれも自分で作ったものばかり。

 なかなかの出来栄えに、みな「今度は家でも作ってみよう」「ほかの食材や調味料に変えてみるのも楽しそう」と話していた。

 同協議会は「全世代に広げよう 健康寿命延伸プロジェクト」をテーマに、子どもが料理と食育に親しむための親子料理教室、高齢者に健康を考えてもらうための料理教室、またサケなどの地元食材、乳製品など特定の食材を活用した料理教室など、幅広く教室を開いている。

 今回の料理教室も、その一環。受講者には教室の前後でアンケートを取っており、その結果を今後の教室に生かしてくという。

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス