北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

ムツゴロウさんを感じて あすから中標津で回顧展【中標津】

 【中標津】「ムツゴロウ」の愛称で親しまれ、今年4月5日に87歳で亡くなった作家畑正憲さんの絵画などを集めた回顧展が25日から、町総合文化会館で始まる。町文化スポーツ振興財団が、今年度の中標津ゆかりの芸術展として主催。遺品や遺作を初めて地元で披露する長女の津山明日美さん(62)は、「父の一部分を感じてもらえたら」と話している。

 畑さんは福岡市出身。東京大で生物学を学び、記録映画製作会社勤務を経て1968年に作家デビュー、「われら動物みな兄弟」で日本エッセイスト・クラブ賞、77年に菊池寛賞を受賞した。71年に道内に移住し翌年浜中で「動物王国」を開業。78年には中標津に移り、牧場を営む傍ら創作活動に励んだ。2017年に心筋梗塞を発症して以降は自宅で療養し、今年4月に亡くなった。

 会場には、畑さんが83年から東京銀座で開いていた個展の形式を採用し、アクリル画や絵付けした陶器、直筆原稿など約50点が並ぶ。80年から20年以上続いたテレビ番組「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」で着用していた特注の衣服のほか、86年の監督作品映画「子猫物語」の猫チャトランと触れ合う皇太子時代の上皇・上皇后との写真もある。

 津山さんは「父は周りを照らす太陽のような人だった。カラフルで自然と笑顔になるような作品をぜひ見に来て」と話している。12月3日まで午前10時~午後8時、無料。

 えぞ鹿フェスも

 ○…回顧展初日の25と26の両日は、有害駆除されたシカの有効活用を考えるイベント「えぞ鹿フェスティバル」が同じ館内で開かれ、革細工や食肉加工など約20のブースが並ぶ。実行委員長で、シカ肉をペットフードに加工する「IN―U(インユー)」の菅美子代表は畑さんの牧場の元従業員で「4回目の今回は食肉用の冷凍シカ肉やジャーキーを初めて販売する。初出展のブースもあるのでぜひ来場を」と呼び掛けている。両日とも午前10時~午後4時、無料。

地元で初の展示会。畑さんがデザインし普段使っていたエスプレッソカップなども展示している

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス