北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ゾウの「ナナ」…飼育しなくなった種も紹介 動物園の60年 一冊に【帯広】

 「いつまでもナナに胸を張って見せられる動物園であり続けたい」(記念誌より)-。今年、開園60周年を迎えたおびひろ動物園(稲葉利行園長)は「おびひろ動物園60年記念誌」を作成した。50周年に続く発刊で、動物と来園者と歩んだ60年を振り返るとともに、今後の発展に向けた取り組みを紹介している。

記念誌を紹介する(左から)稲葉園長と片桐さん

飼育員2人が編集

 飼育展示係の片桐奈月さん、藤澤美緒さんが編集を担当し、4月から編集作業に当たった。おびひろ動物園の歴史や、動物たちの足跡を意味する「動跡」をテーマとした。

 50周年までの歴史を写真と年表で振り返った後、2013年以降の出来事を愛らしい動物の写真を豊富に使用して1年ずつ見開きで紹介。歴代のチケット・パンフレットや入園料・入園者数の推移も掲載している。

 ここ10年で力を入れてきた取り組みも掲載。SNSなどでの魅力発信や、「おびひろ動物園魅力アップ検討委員会」で策定した20~29年の同園の方針、寄付や寄贈の受け付け、環境エンリッチメントやハズバンダリートレーニングなどの動物福祉への取り組みをまとめている。

 締めくくりの3ページでは、「Memories」と題して同園で飼育しなくなった種を紹介。20年に死んだアジアゾウの「ナナ」(当時59歳)は2ページを割いて大きな写真を載せた。片桐さんは「ナナは(同園に)長くいて、特別な存在だった。何かを残したかった」と話す。ナナの最後の10年間の飼育を担当した冨川創平さんのコメントも載せた。

 表紙は道内で同園にしかいないバイソンの写真を使用。飼育展示係の松尾太郎さんが撮影した。A4判、カラー64ページ。500部作成し、市内の小中学校やコミュニティセンター、帯広市図書館や全国の動物園などに配布した。同園のホームページからも閲覧できる。

 片桐さんは「写真探しに苦労した。なるべく多くの動物の名前を拾ってあげようと意識した」と振り返る。稲葉園長は「これからの動物園の取り組みにも期待しながら読んでほしい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス