北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

牛メタン抑制へ海藻飼料 効果「最大98%」カギケノリ【東京】

 日本甜菜製糖(東京、石栗秀社長)など3社は20日、牛のげっぷに含まれる温室効果ガスのメタンを抑制する効果が報告されている「カギケノリ」などの藻類を陸上で養殖し、それを原料とした家畜用飼料を販売するプロジェクトを開始したと発表した。製造はとかち飼料(広尾)が担い、製品の発売は2027年を予定。実用化できれば、カギケノリが含まれる国産飼料は初となる。

飼料原料としての活用が期待されるカギケノリ(日本甜菜製糖提供)

 同プロジェクトでは、日甜と大成ロテック(東京)、黒潮生物研究所(高知)が連携。大成ロテックが陸上に養殖施設を建設し、同研究所がカギケノリを養殖。日甜が効果の検証や製品の製造・販売を担う。

 同研究所は昨年度から、高知県南西部の沿岸に自生するカギケノリの養殖試験に本格的に取り組み、30日間で重量を最大10倍に成長させることに成功している。

 日甜は芽室製糖所(芽室)でのビート製糖に加え、とかち飼料に委託し、主に乳牛用の配合飼料60銘柄を年間約15万トン製造。製糖時の副産物ビートパルプやオリゴ糖などが原料に含まれている。

 日甜は新たな飼料作りを模索する中、大成ロテックからの打診を受け、3社での共同事業に賛同した。原料となるカギケノリの年間養殖量などは未定。特定の銘柄に含めるか、サプリメントにするかなどの商品形態も検討中としている。

 日甜は22年1月に「日甜アグリーン戦略」を策定。環境負荷の低減などに力を入れる考えを示している。同社飼料事業部(帯広)の中井朋一部長は「安全性などに配慮し、地球温暖化の抑制に貢献できる飼料の提供へ取り組みを進めたい」と話している。

<カギケノリ>
 海藻の一種の紅藻。牛や羊などの反すう動物の飼料に0.2%配合することで、消化管内で生成されるメタンガスを最大98%抑制する研究報告がある。メタン抑制効果が注目され、国内を含めた世界中で飼料化の研究が進んでいる。日本では沖縄や鹿児島、高知など黒潮の海域で自生している。

関連記事

苫小牧民報

厚真で田植え 日ハム北海道応援 プロジェクト

プロ野球パ・リーグの北海道日本ハムファイターズは19日、厚真町幌内の高橋農園で「ふぁい田! 北海道応援プロジェクト」の田植えを行った。町内や札幌市、苫小牧市などから30人が参加し、酒造好適米「彗星...

苫小牧民報

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

十勝毎日新聞

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

十勝毎日新聞

エゾタヌキグッズ好評 写真集50冊、ガチャ270個超 おびひろ動物園【帯..

 おびひろ動物園(帯広市緑ケ丘2、稲葉利行園長)で飼育しているエゾタヌキを題材にしたグッズが好評だ。初の試みとして制作した写真集は、先月27日の夏季開園から1カ月足らずで50冊以上売れている。園内...

十勝毎日新聞

米粉シフォン専門店 グルテンフリーで差別化【池田】

 米粉を使ったシフォンケーキを製造・販売する「佳き日」が池田町利別本町61ノ3にオープンした。森田大代表(44)は小麦などの穀物から生成されるたんぱく質の一種「グルテン」を摂取することで肌荒れや腹...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス