北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

ワイルズ リーグ参戦提案 21日、釧ア連にプレゼン【釧路市】

 釧路からアイスホッケーアジアリーグへの参戦を目指すプロチームの北海道ワイルズ(岡本博司代表取締役)は21日、釧路アイスホッケー連盟(谷川富成会長)に、アジアリーグへの新規加盟に向けての提案説明、プレゼンテーションを行う。ワイルズが釧ア連の推薦を得られるかが焦点となる。

 北海道ワイルズは今年5月、釧路を本拠地とするアイスホッケークラブチームひがし北海道クレインズの経営不振、給与未払いによりチームを離脱した大半の選手が加入して発足。切れ目ないリーグ参戦を目指したが、新規加盟要件である所属国連盟・協会の推薦がなく、加盟希望シーズン前年の12月31日までに実行委員会への申請もしていなかったことなどから、審査にも進めなかった。

 クレインズも今季の不参戦が決定し、1974年の旧十條製紙の日本リーグ加盟から受け継いできた釧路勢のトップリーグ参戦が途切れた。釧ア連とワイルズ、釧路市、地元経済界などは7月以降、来シーズンの釧路勢の復帰に向けて協議してきたが、その過程でワイルズの全日本選手権(12月7~10日、横浜市)への出場が認められた。

 さらに、クレインズの除名嘆願書を釧ア連に提出したり、債権者として法的措置を講じたことなどによって、アイスホッケー界に混乱を生じさせたと謝罪した上で、チーム代表を交代し経営刷新に努めている。

 アジアリーグ加盟に向けてワイルズは連日、釧路アイスアリーナでの氷上練習を継続。地元ではジュニア世代の指導をしながら、アジアリーグの横浜グリッツをはじめ、来釧した中国・北京市チームなどとも交流戦を実施している。さらに24日からは滋賀県に遠征し、同県の国体少年代表、同成年代表、立命館大と対戦するほか、ホッケーキャンプも開講する。

 ワイルズは21日のプレゼンテーションで、オーナーやスタッフ、選手経歴などのチーム概要、チーム運営法人の概要と規模、予算計画、資金調達計画、ホームタウン活動計画などを提示し、釧ア連の推薦を求める。篠原秀則ゼネラルマネジャーは「12月末のアジアリーグへの申請期限が迫っている。まず地元の理解を得て次のステップに進みたい」と語った。

 釧ア連は提案説明を理事会として受ける方針で、北海道アイスホッケー連盟と帯広アイスホッケー連盟も同席する予定という。本川敬一副会長は「ワイルズの選手の力量、チームの能力は認めるところ。釧路にトップチームの存在が必要なことも一致している。ただチームを主導する役員体制と、アジアリーグが求めている釧路の経済界の賛同があるチームなのかについては、しっかりと聞きたい」と話した。

横浜グリッツとの交流戦後、地元の声援に感謝する北海道ワイルズの大津晃介主将(10月21日)

関連記事

苫小牧民報

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

苫小牧民報

30日に30周年記念ライブ かんばやしまなぶさん 苫小牧

今年、音楽活動30周年を迎えた苫小牧市在住のシンガー・ソングライターかんばやしまなぶさん(48)は30日午後4時から、市文化会館で、記念ライブ「30th AnniversaryLIVE2024」を...

室蘭民報

室蘭市長受け入れ表明 西日本PCB、環境相に条件提示へ【室蘭】

 室蘭市の青山剛市長は21日、市議会議員協議会で環境省から要請されている西日本で排出されるポリ塩化ビフェニール(PCB)廃棄物が新たに見つかった場合の受け入れについて、「受け入れ条件を国が承諾す...

室蘭民報

小学生「勤務」ぜひ足運んで 室蘭RC、23日に旧アーケード街でイベント【..

 子どもの職業体験イベント「キッズあきない」(室蘭ロータリークラブ主催)があす23日、室蘭市中央町の浜町商店街(旧アーケード街)で開かれる。同クラブは「多くの方々に足を運んでほしい」と来場を呼び...

室蘭民報

7月13、14日開催「のぼりべつ夏祭り×ブランドまるしぇ」 TRIPLAN..

青嶺高、明日中等が独自メニュー販売  「のぼりべつ夏祭り×登別ブランドまるしぇ2024」(同実行委員会主催、のぼりべつ元鬼協議会、登別ブランド推進協議会、登別市共催)が7月13、14の両日、登別...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス