北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

活気の駅北へ今年もイルミ 電気工事青年部 12月2日に点灯【帯広】

電飾の取り付け作業が進むハルニレの木

 十勝電気工事業協同組合青年部(板倉利幸部長)は18日、JR帯広駅北側で帯広の冬を彩るイルミネーションの取り付けを始めた。19日までに約4万5000個のLEDを取り付ける。12月2日から点灯する。

 駅前イルミネーションは青年部の独自事業として始まり、現在は「おびひろイルミネーションプロジェクト」として実施。今年で22回目。駅前のハルニレの木や街路樹を彩るほか、さまざまな形の電飾を設置する。トンネル形の電飾は、高校生ボランティア団体「十勝高校生団体CAN-PASS」が提案した。

 18日は同団体の5人も手伝いに訪れた。帯広柏葉高3年の松本優さん(18)は「市内中心部は商業施設の閉店も相次ぎ、『映え』スポットや遊ぶ場所が少なくなったと感じる。駅前に高校生が集まって活気が出るきっかけになれば」と話した。板倉部長は「少しでも人々の気持ちを温め、楽しんでもらえれば」と語った。

関連記事

日高報知新聞

花壇も生徒も明るく 浦河第一中 チューリップが見ごろ【浦河】

 浦河第一中(水上義則校長、生徒数177人)の前庭の花壇で、色鮮やかなチューリップが見ごろを迎え、登下校や屋外活動の生徒たちを明るい気持ちにさせている。  前庭花壇のチューリップは、例年だと...

日高報知新聞

鯉のぼり「大きい!」 雛菊保育園に保護者が寄贈 春風受けて空を泳ぐ【浦河】

 浦河町潮見町の雛菊保育園(本巣雄介園長、園児39人)では5月5日のこどもの日を前に、地域の人から贈られた鯉のぼりが春風を受けて元気に泳いでいる。  同園が所有する鯉のぼりが古くなり痛みも激し...

釧路新聞

シマフクロウのひな1羽誕生 釧路市動物園【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は23日、シマフクロウのアオイ(雌、2019年生まれ)とR黄(アールき)(雄、18年生まれ)の間に1羽のひなが生まれたと発表した。同園では32卵目、同つがいにとっては...

釧路新聞

トキシラズ初水揚げ 定置網漁、市東部漁協「今後に期待」【釧路市】

 春のサケ・マス定置網漁が解禁となり、釧路市東部漁協で24日、高級食材として知られるトキシラズ(回遊中のシロザケ)などが初水揚げされた。  釧路管内の定置網漁は21日に解禁。同漁協では同日から網...

十勝毎日新聞

危険運転トラえる! おびひろ動物園 マオ、「広報官」に任命【帯広】

 帯広署(工藤博光署長)は23日、おびひろ動物園(稲葉利行園長)のアムールトラ「マオ」(雌、13歳)を「交通死亡事故抑止広報官」に任命した。危険な運転者を「捉(トラ)」え、交通死亡事故ゼロに「トラ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス