北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ジャージー牛乳で「餅」「パン」 ハピオ×十勝加藤牧場【音更】

新商品をPRする十勝加藤牧場の小倉佳恵さん(右)とハピオのスタッフ

 音更町内のスーパー・ハピオ(黒田浩光社長)は、十勝加藤牧場(帯広市美栄町、加藤聖墾社長)のジャージー牛乳を使ったミルク餅と冷凍ミルクパンの販売を始めた。企業間連携の枠組み北海道フードネットワークプロジェクト(事務局・帯広物産協会)の一環で商品開発。牛乳を常温品・冷凍商品に加工することで、消費拡大を目指す。

 新商品は「ゴールデンミルク餅」(162円)と、「ゴールデンミルクパン」(2個213円)。ミルク餅は北海道銘菓「きびだんご」を製造する天狗堂宝船(渡島管内七飯町)が、ミルクパンは十勝管内でパン店「トカトカ」を営む片原商店(上士幌町、星憲一社長)が製造している。

 ミルク餅は地元色と200円以下の手頃な値段を両立させた商品。常温保存が可能で、土産物やイベント時の配布物などのほか、腹持ちの良さから日常の間食などにも向いている。ジャージー牛乳のキャラメルのようなミルク感を味わえるという。

 ミルクパンは近年の冷凍食品需要の高まりを受け、冷凍で商品化した。乳脂肪分の高いジャージー牛乳を使うことで、しっとりとした食感に仕上がった。出来たてをそのまま冷凍しており、常温で40分解凍すると焼きたてのおいしさが楽しめる。自家製酵母を用いた低温・長時間熟成により、小麦の香りが際立ち、ミルクの甘みも感じられるという。

 同牧場は全国的に飼育頭数が少ないジャージー牛を約100頭飼育し、ヨーグルトやチーズなど乳製品の加工・製造も手掛けている。帯広物産協会の木戸善範事務局長(55)は「新商品を通して牧場の名前をたくさんの人に知ってもらい、同牧場のオリジナル商品にも手を伸ばしてもらいたい」と話している。

 ハピオととかち物産センター(JR帯広駅エスタ東館)で販売。ミルクパンはレストラン・カウベルハウス(帯広市八千代町)でも調理して提供する。

関連記事

十勝毎日新聞

金曜日限定で「お寿司屋さんのスパイスカレー」 ファン広がる【広尾】

 広尾町内の飲食店「鮨正」が、金曜日限定で「お寿司屋さんのスパイスカレー」(750円)を提供し、評判を呼んでいる。1週間仕込んだ本格カレーを、すしシャリ(酢飯)で味わうのが特徴。店主の新谷要一さん...

室蘭民報

絶品ビーフシチュー、創業からのレシピで 登別グランドホテル、カフェ「ユー..

 登別グランドホテル(登別市登別温泉町、中牧昇一代表取締役社長)でカフェ「ユーカラ」が8日にオープンした。同店独自のブレンドコーヒーのほか、ホテル特製のビーフシチューやだし巻き卵を使用したメニュ...

室蘭民報

酔ってけ寄ってけ、浜町大入り ビール最高、夏日満喫【室蘭】

 室蘭中央飲食店組合(波多野光則組合長)主催の「酔ってけ浜町チャリティービアフェスタ」が11日から、室蘭市中央町アーケードで始まり、来場者たちがビールを片手に暑さをしのぎ、まちを活気づけた。 ...

室蘭民報

毛ガニ漁解禁、胆振太平洋海域 初日水揚げ1.5倍、登別漁港【登別】

 胆振太平洋海域(室蘭市-むかわ町)の毛ガニかご漁が10日解禁され、11日朝に登別漁港(登別市登別港町)で前年初日約3千キロから1・5倍となる約4600キロが水揚げされ、好調なスタートを切った。...

十勝毎日新聞

福原がチルド弁当 自社開発、レンジでおいしく 食品ロスも削減【帯広】

 食品スーパーマーケット地場大手・福原(帯広市、福原郁治社長)は、チルド弁当を自社開発し、「ハピネス・デリカ」のブランド名で販売を始めた。自社工場を持つ強みを生かし、1個400円台(税抜き)の価格...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス