北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

シカ肉ソーセージとジャーキー商品化 「やせいのおにくや」【足寄】

 足寄町内でエゾシカなどの狩猟や解体を手掛ける野生肉専門店「やせいのおにくや」(旭町4、儀間雅真代表)は、シカ肉を使ったソーセージとジャーキーを商品化した。ジビエ人気が高まる中、高たんぱく低カロリー商品として、観光土産需要やアウトドア向けを開拓する。

シカ肉のソーセージ(右)とルイベ風ソフトジャーキーを手にする儀間代表

 商品名は「VENISON(鹿肉)」シリーズのソーセージと、ルイベ風ソフトジャーキー(いずれも790円)。7、8の両日に町内の道の駅で開かれた「足寄まるごと市」でお目見えし、通常より100円安い特別価格で提供。来場者からも好評だった。

 加工は日高管内浦河町の手作りソーセージ店「マイクソーセージ」がOEM(相手先ブランドによる生産)で製造。ソーセージは甘い味付けにピリッと辛みが残るスパイシー味のチョリソーで、アクセントにクルミを入れた。ルイベ風ソフトジャーキーはシカ肉のうま味が凝縮され、冷凍ならシャリっとした食感も楽しめる。

 儀間代表は、陸別町の浜田旅館と協力し、シカ肉たっぷりのグリーンカレーの缶詰を開発するなど、6次化農業に力を注いでいる。

 当面は、野生肉専門店やゲストハウス「ぎまんち」で販売するが、道の駅や町外にも取扱店を増やしたい考え。儀間代表は「シカ肉の魅力を、加工品を通して広く知ってもらいたい」と話している。

関連記事

室蘭民報

新たな「苫小牧ビール」ぜひ ヤチヤナギとハスカップ使用、ブルワリー&ビア..

 オリジナルのクラフトビールを提供している北海道ブルワリー&ビアキッチン(苫小牧市錦町)は、苫小牧市産のヤチヤナギと厚真町産のハスカップを使ったビール「カムイゲイル ハシカプ」を発売した。ヤチヤ...

十勝毎日新聞

「ゆりね小豆コロッケ」好評 考案の南商生が店頭でPR【帯広】

 帯広南商業高校クッキング部(東井咲詠部長)がサンマルコ食品(札幌市)と共同開発した「ゆりねと小豆のコロッケ」が23日から、イオン帯広店と十勝管内のマックスバリュ(MV)全7店で販売されている。2...

十勝毎日新聞

帯南商生考案「ゆりねと小豆のコロッケ」 イオンで販売【帯広】

 イオン北海道(札幌市)は、帯広南商業高校クッキング部(東井咲詠部長、18人)とサンマルコ食品(札幌市)が共同開発した「ゆりねと小豆のコロッケ」を25、26の両日、全道のイオン37店で販売する。イ...

十勝毎日新聞

十勝のレトルトカレー大集合 北海道ホテル【帯広】

 帯広市内の北海道ホテル(西7南19)は12月15日まで、1階のショップで、十勝のレトルトカレーを集めたフェアを開催している。  ホテルを訪れる観光客はもちろん、地域の人にも十勝発のレトルト...

室蘭民報

エゾシカ料理、高い関心 ゆもとで調理師会が研修【登別】

 北海道全調理師会第2ブロック(藤田恵二ブロック長)の2023年度研修会が13日、登別温泉町のホテルゆもと登別で開かれ、参加者がエゾシカ料理について理解を深め、調理人としての資質を高めた。  ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス