北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

看板メニュー 秘話語る ソウルフードトーク トップ5人集結【帯広】

 「十勝ソウルフードトークセッション」と題したイベントが24日、帯広市内のとかちプラザで開かれ、ジンギスカンなどが人気の焼肉平和園(帯広)の新田隆教社長ら代表的なメニューを持つ管内5社のトップがこだわりや将来展望などを語った。

人気メニューの秘話などを語る各店のトップら

 他は、藤森商会(同)の藤森康容社長と、白スパサンドなどの満寿屋商店(同)の杉山雅則社長、中国広東料理の美珍楼(同)の鈴木邦彦社長、はげ天(同)の矢野航平本店長。

 主催は「クナウパブリッシング」(同)。発行するフリーペーパー「月刊しゅん」創刊25周年イベント「大感謝祭」に合わせ企画。藤森社長はカレー、鈴木社長は中華ちらし、矢野本店長は豚丼などをそれぞれ紹介。各自が互いの良さや企業姿勢などを発表した。

 杉山社長は「(創業した)祖父が農家の方が食べてもおいしいよう、あんドーナツなどを開発した。十勝愛」と説明。中華ちらしについて鈴木社長は、市内中心部の旧割烹松竹のまかない食から誕生し広まったことを踏まえ、「ネーミングもセンスがある」とした。

 新田社長は「安くて早くてうまい」との周囲評に、「物価高で厳しいが、マトン一頭買いだから何とか可能」と述べ、藤森社長は「ベーシックルーはカツに合うよう開発、タマネギの量がインデアンルーより多い」と披露。海外にも出店している矢野本店長は「父が社長。自分は店を残すのが役目」と力説した。

 クナウ-によると、食関連の約60ブースも出店、3500人が来場した。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス