北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

和牛五輪 音更・帯広開催 道内初27年秋【十勝】

来場者数30万人、経済効果66億円と発表された和牛全共鹿児島大会(2022年10月)

 十勝が開催候補地に決まった全国和牛能力共進会は、「和牛のオリンピック」とも呼ばれる国内最大規模の家畜品評会だ。全国各地の和牛産地が、改良の成果などブランドの威信を懸けて競い合う。昨年の鹿児島大会には、30万人が来場するなど注目度は高く、管内では過去最大級のイベントになりそうだ。

 大会は全国和牛登録協会(京都)が5年に1度開催している。これまで九州や中国地方など和牛生産が盛んな地域で開かれてきたが、次回は初めての道内開催になる。和牛を生きたまま審査する種牛の部と、枝肉にして競う肉牛の部に計500頭以上の出品が予定される。

 全国各地から出品者やスタッフ、農業団体関係者らが訪れ、物産や食を楽しめる催事エリアには一般の来場者も足を運ぶ。2012年の長崎大会は約48万人、17年の宮城大会は約42万人が来場。昨年の鹿児島大会はコロナ下ながら約30万8000人が集まり、県は経済波及効果を66億2800万円と推計した。

 管内で開かれた大型イベントでは、18年の国際農機展に20万人、06年のラリージャパンに25万人が来場したが、それを上回る規模になる見通し。鹿児島大会の閉会式で鈴木直道知事は、「全国の和牛生産者が目標とする大会を北海道で初めて開催できることは大変うれしい」と話し、来道を呼び掛けた。地元に大きな経済効果をもたらし、北海道や十勝の和牛ブランドと観光資源、食を発信する機会になる。

関連記事

苫小牧民報

厚真で田植え 日ハム北海道応援 プロジェクト

プロ野球パ・リーグの北海道日本ハムファイターズは19日、厚真町幌内の高橋農園で「ふぁい田! 北海道応援プロジェクト」の田植えを行った。町内や札幌市、苫小牧市などから30人が参加し、酒造好適米「彗星...

苫小牧民報

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

十勝毎日新聞

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

十勝毎日新聞

エゾタヌキグッズ好評 写真集50冊、ガチャ270個超 おびひろ動物園【帯..

 おびひろ動物園(帯広市緑ケ丘2、稲葉利行園長)で飼育しているエゾタヌキを題材にしたグッズが好評だ。初の試みとして制作した写真集は、先月27日の夏季開園から1カ月足らずで50冊以上売れている。園内...

十勝毎日新聞

米粉シフォン専門店 グルテンフリーで差別化【池田】

 米粉を使ったシフォンケーキを製造・販売する「佳き日」が池田町利別本町61ノ3にオープンした。森田大代表(44)は小麦などの穀物から生成されるたんぱく質の一種「グルテン」を摂取することで肌荒れや腹...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス