北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ばんえい名馬5頭 引退セレモニー【帯広】

引退セレモニーが開かれたブチオと関係者

 ばんえい十勝は19、20の両日、帯広競馬場で今年度限りで引退する5頭の引退セレモニーを開いた。5頭は余生を繁殖馬、種牡馬として過ごす。

 引退するのは、ブチオ(牡10、今井茂雅調教師)、アーティウィング(牝6、坂本東一調教師)、フォルテシモ(同)、キタノユウジロウ(牡8、村上慎一調教師)、マツカゼウンカイ(牡9、松井浩文調教師)。

 ブチオは2015年5月17日デビュー。通算成績250戦32勝。胴体と四肢に白い“ぶち”を持つ愛らしい見た目と力強い走りで、約8年間、アイドルホースとして多くの人々から応援を受けた。

 アーティウィングは19年7月22日デビュー。通算成績91戦18勝(うち重賞1勝)。フォルテシモもアーティウィングと同日にデビュー、通算成績101戦15勝(同1勝)。

 互いにライバル馬として切磋琢磨(せっさたくま)しあい、22年の「ヒロインズカップ」では2頭が激闘を繰り広げ、フォルテシモが1着でゴールイン。ファンを最終盤まで楽しませた。

 キタノユウジロウは17年6月4日デビュー。通算成績132戦25勝(同4勝)。数多くの重賞に出走し、22年の「帯広記念」では背後から迫るメジロゴーリキを振り切って勝利。熱いレースを見せた。

 マツカゼウンカイは16年4月23日デビュー。通算成績174戦36勝(同1勝)。18年の「はまなす賞」では4頭の一団を差し切り、悲願の重賞制覇を果たした。

 セレモニーで5頭は調教師ら関係者とパドックに登場。ファンからは「今までありがとう」などの温かい声が贈られた。

 ブチオのセレモニーに訪れた、留萌管内手塩町の主婦品田麻奈美さん(39)は、ブチオの写真を多数あしらった自作のうちわを持参して見守った。「最終レースはあと少しというところで2着に終わってしまったが、そこもまた愛らしい。ブチオの子どもができたらまた応援していきたい」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス