北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

釧路港に第8魚揚場、7月着工【釧路】

建設予想図。左の白い屋根が新設する第8魚揚場で、右の青い屋根が第7魚揚場(釧路市水産課提供)

 釧路市は新年度、釧路港副港で第8魚揚場の新設工事に着手する。老朽化した第7魚揚場に替わるもので、釧路港の主力である沖合底引網漁によるスケソウダラなどの水揚げに使用される。今年度内に実施設計を行い、7月に着工、来年12月竣(しゅん)工(こう)の予定。衛生管理を向上させた施設を整備し、魚価アップを狙う。

 第7魚揚場は1983年から84年にかけて建設され、現在使用されている魚揚場の中で最も新しいが、40年ほど経過している。水揚げ時に鳥のふんが混入したり、直射日光や雨による鮮度低下を防ぐ必要があるため、新施設は岸壁の上までひさしを伸ばし、魚をすぐに荷さばき施設に搬入できるようになる。近年の漁港整備は屋根付き岸壁が主流で、釧路、根室管内の各漁港でも進められている。

 第8魚揚場の建設場所は、第6・7魚揚場がある埠(ふ)頭(とう)の西側の荷さばき用地。第8魚揚場は幅80㍍、奥行き25㍍で面積は2000平方㍍。ひさしの長さは10㍍で高さは6㍍。市場事務所や買い受け人控え室などが入る管理棟(1階建て、250平方㍍)を併設。施設入り口に消毒施設を設置するなど、衛生管理を徹底する。

 総事業費は17億1000万円で、3分の2は国の補助を充てる見込み。なお、第7魚揚場は、第8魚揚場の供用開始とともに廃止するが、解体予定は今のところない。

 第8魚揚場を主に使用する地元船による沖合底引き網漁業は、22年の水揚げ高が約36億7000万円で、釧路港全体の3分の1を占める。魚は沖底船によるスケソウダラやマダラ、カレイ類、メンメなどの赤物のほか、サンマ、イカの水揚げが行われる。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス