北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

四つ葉apart釧路町進出 町の人気古民家カフェ【芽室】

 芽室町にある60代女性をターゲットにした古民家カフェ「Cafe+deli 四つ葉apart」(東4ノ1)の釧路町進出が決まった。2店舗目は「イオン釧路店」(釧路町桂木1ノ1ノ7)の老舗飲食店跡に、12月10日オープンする。四つ葉apartは、数量限定の定食メニューを中心に人気を呼び、今年で5周年を迎えた。イオン側の声掛けもあり、さらなる経営の安定化を目指して事業拡大に踏み切る。

釧路町に2店舗目を出店する四つ葉apart(中尾さん提供)

 同店は代表の中尾智子さん(51)が、自身の病気を機に、自分の人生を後悔したくないという思いから2017年7月にオープン。町内で活躍する主に60代の“お母さん”に「愛情たっぷりのご飯を楽しんでもらいたい」(中尾さん)と、家庭的なメニューを提供している。

 当初、カフェとは別業態で道内イオンでの新事業展開を模索していたが、イオン側から釧路店2階の老舗洋食店「ポン・ヌフ」(20年8月閉店)跡への出店を打診された。

 条件は別業態でなく、婦人服売り場などが並ぶ2階フロアに合う、四つ葉apartのコンセプトをそのまま生かした飲食店。中尾さんは「今でさえ、仕込みを含めると朝から晩まで仕事している状態」で、迷いもあったという。

中尾智子さん

 ただ「コロナ禍の新たなチャレンジで周囲の人を元気付けたい」という思いもあり、出店を決めた。

 新店舗は「四つ葉apart マンマキッチン」。釧路町への出店に伴い、「manma village(マンマヴィレッジ)合同会社」を立ち上げ、引き続き中尾さんが代表に就いた。店内の装飾は「森でひとやすみ」がコンセプト。小さな子どもを連れて家族でくつろげるよう、小上がり席も充実。席数は芽室町の店舗の2倍近い約50席を設ける。

 四つ葉apartらしい、彩り豊かな野菜を使った定食や、十勝産食材を使った手ごねハンバーグ、ケーキやパフェなど幅広いメニューを提供する。1年ほどは新店舗の社員やパート・アルバイトに加え、中尾さんら役員が釧路町と芽室町を行き来して切り盛りする。芽室町の店舗も出店と同時に人気メニューを残しつつリニューアルする。

 新店舗ではオープンの12月10日~同12日の3日間、来店客先着50人に公式LINEの友達登録、インスタグラムフォローで「焼きチーズタルト」を1個プレゼントする。午前9時~午後9時の予定で、無休。

関連記事

函館新聞

ピロシキ作り通じ多様な性知る 17日に食べる会【函館】

 函館市女性センター(東川町、原田菜摘館長)で17日、ピロシキ作りを通じ性の多様さなどさまざまなテーマで語り合う「ゲイの人と焼きピロシキを作って食べる会」(ゲイピロ)が開かれる。午前10時と午後...

函館新聞

旧函館区公会堂の保存修理記録映像が優秀賞【函館】

 国の重要文化財旧函館区公会堂(元町11)の保存修理の様子を記録した映像作品「文化遺産を守り継ぐ 重要文化財旧函館区公会堂 保存修理工事」(54分)が、東京で行われた映像作品コンクール「映文連ア...

網走タイムズ

野鳥から鳥インフル確認 斜里町ウトロ 継続発生で回収地区公表

 【網走】オホーツク総合振興局は、斜里町ウトロ西地区で回収されたハシブトガラスの死がいから検出された鳥インフルエンザは遺伝子検査の結果、高病原性だったと発表した。10月以降、野鳥から高病原性の鳥イン...

網走タイムズ

出来上がりに自信あり オリジナルレシピに挑戦 網走南小の5年生

 【網走】網走南小の5年生が、料理のレシピ作りと実際の調理に取り組んだ。児童は、網走市食生活改善協議会や市保健センターの協力を得ながら、自慢のオリジナルレシピを開発した。  同小5年生は「網...

日高報知新聞

「大学ってどんな所?」【浦河】

 浦河町教委主催の子ども未来サポート事業「大学ってどんな所?1日大学生体験ツアー」が3日、町内小学5年~中学2年までの13人が参加して札幌市内の北海学園大豊平キャンパスで開かれた。  この日は午前...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス