北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

アイヌの心伝えていきたい 講演会で半生を語る 宇梶静江さん  白老

アイヌ民族文化伝承者、宇梶静江さん(89)の講演会が23日、白老町東町の文化施設シマフクロウの家で開かれた。町内外から参加した13人が、宇梶さん自身が語る半生に聞き入った。

講演する宇梶さん

 宇梶さんは2021年11月、白老町に移住。施設は宇梶さんが代表を務める一般社団法人アイヌ力(ぢから)の活動拠点で、音楽コンサートや料理教室などが開かれている。

 講演は、1933年3月に浦河町で誕生し、幼少期は貧しく、和人からの過酷な差別に苦しんだ話から始まった。20歳で学業を志して札幌市内の私立中学に入学。3年かけて卒業した後、父が工面してくれた2万円を握り締め、56年3月に23歳で上京。27歳で和人の建築家と結婚し、俳優の宇梶剛士さんら2児を生み育てたという。

 72年、朝日新聞「ひととき欄」に「ウタリたちよ手をつなごう」という文章を投稿して話題となり、翌73年に東京ウタリ会が創立されて会長に就任したことなども語られた。

 幼少期を振り返り、「提案しても(案を)通してくれず、作文にしても(他の子のように)張り出してくれない」と訴え、「(和人は)諦めさせることを覚えさせようとしたが、私は諦めなかった」と語気を強めた。自身の活動について「自然の恵みに感謝し、誰にも分け隔てなくその恵みを分かち合ってきたアイヌの心、アイヌの言葉の重みを伝えていきたい」と思いを語った。

 また、質問に答える形で白老について「町民は和人やアイヌに関わらずみんな優しい。この夏は、海を見に浜を歩くのが楽しみだった」と笑顔を見せた。

 参加した白老アイヌ協会理事長の山丸和幸さん(74)は「今後も静江さんの思いや活動を支えていきたい」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

自分だけのクリスマスツリー【浦河】

 浦河町立堺町小と浦河町教委共催のPTA親子ふれあい事業「臨床美術でクリスマスツリーをつくろう」が4日、同校体育館で開かれ、PTA役員や同校に在籍する親子ら26人が参加して自分だけのクリスマスツリー...

日高報知新聞

1万2千個のLEDトンネル【新冠】

【新冠】町青年団体連絡会議による毎年恒例の「イルミネーションフェスタ2022」が3日、レ・コード館で開かれ、館内の大型クリスマスツリーが点灯され、同時に同館前に設置された約1万2千個のLEDが付い...

釧路新聞

厚岸の食材ふんだんに 豊かな海づくり大会用弁当試食【厚岸】

 【厚岸】来年9月17日開催の「第42回全国豊かな海づくり大会北海道大会in厚岸町(同大会推進委、同北海道大会実行委主催)」では、全国からの来場者約1000人に、地元の食材をふんだんに盛り込んだ...

釧路新聞

「つなぐ道」若い感性光る 臨港鉄道跡地など撮影 16日まで写真展【釧路】

 くしろ元町青年団(菊池吉史団長)が主催する「つなぐ道」写真展が5日から、釧路市役所防災庁舎1階ロビーで始まった。釧路出身のフォトジャーナリスト、長倉洋海さんと釧路の中高生ら25人が、かつて石...

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。  網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス