北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

ふるさと納税返礼品、寄付者と開発へ 新プロジェクト発表【白糠】

白糠町で捕れた秋サケを使った「テスト産品」を披露する棚野町長(右)と黒田代表取締役

 【白糠】町とふるさと納税のデータ分析などを行う「イミュー」(東京都、黒田康平代表取締役)は22日、寄付者と協力して返礼品の開発や商品改善を行う「白糠産品開発プロジェクト」の概要を発表した。全国でも珍しい新たな取り組みに、棚野孝夫町長は「改めて白糠の魅力を全国に発信でき、地域活性化にもつながる大きなチャンス」と期待を込めている。

 同プロジェクトは、全国各地の自治体にふるさと納税に関するアドバイスなどを行う同社が、「北海道には魅力的な産品が多く、その価値はもっとあるのでは」などと考えたのがきっかけで、これまでふるさと納税者へのフォローが手厚くリピーターも多い白糠町に一番に声を掛け、実現したという。

 今回発表されたのは「白糠町産秋鮭(ざけ)の新産品を考える」と題した第1弾のプロジェクト。これに合わせて同社と白糠漁協は「テスト産品」として、町内で水揚げされた秋サケを加工した「西京漬」「ちゃんちゃん風味(み)噌(そ)焼」「酒泊漬」「塩麹漬」の4品を開発しており、この日は試食会も行われた。

 今後10月ごろから、町のふるさと納税返礼品として提供を予定しており、寄付者にはテスト産品のほか、同プロジェクトの説明パンフレットを同封し郵送。寄付者専用SNS(インターネット交流サイト)の登録を行うと、各産品の評価や改善点などを投稿できるようになり、投票結果や意見なども共有される。

 最終的に寄付者のアンケートを参考にしながら産品を改善するなど、好評だったものを中心に商品化。返礼品のみではなく、道の駅やインターネットでの販売なども考えているという。その後も第2弾プロジェクトへの招待や特典なども検討しており、これまで以上に寄付者とのつながりを重視していく。

 23年春ごろには、同プロジェクト加工施設兼事務所を町内に立地することも計画されており、黒田代表取締役は「われわれは『地域に根をはり日本を興す』をコンセプトに活動している。すでに第2弾の話も進んでおり、今後も町とタッグを組んで白糠を盛り上げていきたい」と抱負を語った。

 棚野町長は「素晴らしい商品が出来上がった。町としても寄付者とのつながりは重要と捉えている。漁業だけでなく、さまざまな分野にも広げていきたい」と話していた。

関連記事

名寄新聞

漁師の祈り表現・名寄の山岸さん全日写連北海道写真展最高賞【名寄】

 日本海に浮かぶ鳥居を印象的に撮影した作品が、全日写連第19回北海道写真展で最高賞の金賞に選ばれた。市内のアマチュア写真家で医師の山岸真理(まこと)さん(70)=西1北5。写真仲間から盛んな祝福を...

苫小牧民報

2大アート満喫 白老の味覚と文化芸術ツアー

まちの文化資源を活用した着地型観光バスツアー「白老町の2大アートイベントをプロジェクトスタッフとじっくり巡る! 白老の味覚と文化芸術ツアー」が24日、白老町内で行われた。町外から参加した17人は、...

苫小牧民報

国松希根太さん個展 地形を表現 飛生アートコミュニティ 白老

白老町内にアトリエを構える彫刻家、国松希根太さん(45)の個展「地景を刻む」が、町竹浦520の飛生アートコミュニティー(旧飛生小学校)で開かれている。飛生での個展は2014年以来で、校舎全体を会場...

室蘭民報

白血病克服、163キロ完走 市内の豊年さん「家族、友人に恩返し」、北海道トラ..

 家族や友人に恩返ししたい-。室蘭市在住の豊年真士さん(26)が8月28日に洞爺湖町で開かれた北海道トライアスロンに初出場し見事、完走した。豊年さんは2020年に急性前骨髄球性白血病を発症し、半...

室蘭民報

撮りフェス、力作200点超 旧室蘭駅舎に展示【室蘭】

 24時間滞在型のフォトコンテスト・撮りフェスin室蘭2022(18、19日。実行委員会主催)で寄せられた200点超を紹介する作品展が26日、室蘭市海岸町の旧室蘭駅舎で始まった。構図にこだわった...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス