北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧で森づくりに挑戦 NPO法人森のこころね  24日に自由に遊べるイベント

自然の中での子育て支援に取り組むNPO法人「森のこころね」(厚真町、松山道子代表理事)が苫小牧市高丘の私有地を購入し、独自の森の遊び場づくりを進めている。活動資金を集めるため、インターネットで出資を募るクラウドファンディングも計画中。24日には子どもたちが自由に遊べるイベントを予定しており、会員外の参加も歓迎している。

「こころねの森」で笑顔を見せる親子ら(同法人提供)

 同法人は、子どもたちが伸び伸びと自然体験を楽しみながら、親同士も交流できる場所を目指し、活動している。2012年3月に苫小牧の未就学児の母親らが立ち上げた青空自主保育「木もれ陽の会」が前身で、今年3月の法人化に合わせ、活動拠点に借りていた高丘の森約3300平方メートルを所有者から購入した。

 ミズナラやイタヤカエデ、シラカバなどが残る豊かな森で、「こころねの森」と名付け、厚真町の林業会社の協力を得て整備を本格化させている。松山代表理事は「森を整備し、維持管理するにもお金がかかる。長く使えるように、資金の協力を求めたい」と話す。

 クラウドファンディングを始める24日は、大人1000円、子ども500円の入場料で森遊びが満喫できる企画を実施する。定員は50家族で要予約。場所は高丘60の10。時間は午前10時~午後3時。食材を持ち寄って自由に使える炭火焼きコーナーや、会員による手作り雑貨の屋外ショップのほか、安平町産野菜の販売や各種ワークショップも準備している。森近くの一戸建て「こころねハウス」では、これまでの活動を紹介する写真展も行い、来場者に500円の寄付を求める予定。荒天時は25日に延期する。

 松山代表理事は森の中での子育てについて「多様で良質な刺激が自然の中にあり、子どもたちが生きていく上で大切な土台がつくれる」と説明。「苫小牧に魅力的な自然があることも知ってほしい」と来場を呼び掛けている。

関連記事

釧路新聞

厚岸の食材ふんだんに 豊かな海づくり大会用弁当試食【厚岸】

 【厚岸】来年9月17日開催の「第42回全国豊かな海づくり大会北海道大会in厚岸町(同大会推進委、同北海道大会実行委主催)」では、全国からの来場者約1000人に、地元の食材をふんだんに盛り込んだ...

釧路新聞

「つなぐ道」若い感性光る 臨港鉄道跡地など撮影 16日まで写真展【釧路】

 くしろ元町青年団(菊池吉史団長)が主催する「つなぐ道」写真展が5日から、釧路市役所防災庁舎1階ロビーで始まった。釧路出身のフォトジャーナリスト、長倉洋海さんと釧路の中高生ら25人が、かつて石...

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。  網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り」を...

苫小牧民報

学芸員が貴重な資料解説 市美術博物館で「あみゅー大博覧会」

苫小牧市美術博物館で3日、開催中の企画展「あみゅー大博覧会2022」を紹介するスライドトークが開かれた。市民らが自然史や考古に関する展示品への関心を深めた。  考古学専門の岩波連学芸員がパワ...

苫小牧民報

アイヌ文化体験企画 旅の思い出に 「界 ポロト」 白老

白老町若草町のポロト湖畔で営業する星野リゾートの温泉宿泊施設「界 ポロト」は、アイヌ文化体験企画「アイヌ伝統歌『ウポポ』を奏でるひととき」を週に2日、宿泊者向けに実施している。アイヌ民族が先人から...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス