北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

クラフトビールお披露目 新たな特産品誕生【鶴居】

初仕込みのクラフトビールの完成と初出荷を祝い合う植竹代表(右)と大石村長

 【鶴居】廃校となった旧茂雪裡小の体育館に開設したクラフトビール醸造所「BrasserieKnot(ブラッスリー・ノット」は21日、オープンより一足早く業務用の樽(たる)入りビールを初出荷する。20日には村総合センターで完成した初仕込みをお披露目し、関係者が新たな特産品の誕生を祝い合った。(戸田英吾)

 村の豊かな自然、美しい水を生かした「自然に溶け込み共存するクラフトビール」を掲げ、埼玉県出身のビール醸造家、植竹大(ひろ)海(み)さんが村内で運営会社「Knot」(ノット)を設立し、村の支援で醸造所を整備。施設は観光、見学もでき、醸造の人材育成拠点の役割も果たす。

 初年度は白濁色のフルーティーなベルジャンウイットや道東限定ビールなど5種類と季節限定ビール合わせて80㌔㍑を生産する。8月18日に仕込みを始め、今月19日から約1カ月間熟成させたビールを樽詰め。いよいよ21日から全国各地に出荷する。

 この日のお披露目会では関係者約40人がベルジャンウイットの「フラワー」、爽快な呑み口のアメリカン・ペールエールの「バード」の2種類を試飲し、大石正行村長は「清涼感がある鶴居らしい味わい。地元のビールを大切にし、鶴居のさらなる可能性を引き出したい」と期待を込めた。

 一部機材の搬入が遅れているため、醸造所は缶ビールの販売を始める11月以降にオープンする見込みで、植竹代表は「ようやく出荷にこぎ着けた。いいビールができたので、全国の皆さんにおいしく味わってもらいたい」と初出荷を喜んでいる。

関連記事

函館新聞

ピロシキ作り通じ多様な性知る 17日に食べる会【函館】

 函館市女性センター(東川町、原田菜摘館長)で17日、ピロシキ作りを通じ性の多様さなどさまざまなテーマで語り合う「ゲイの人と焼きピロシキを作って食べる会」(ゲイピロ)が開かれる。午前10時と午後...

函館新聞

旧函館区公会堂の保存修理記録映像が優秀賞【函館】

 国の重要文化財旧函館区公会堂(元町11)の保存修理の様子を記録した映像作品「文化遺産を守り継ぐ 重要文化財旧函館区公会堂 保存修理工事」(54分)が、東京で行われた映像作品コンクール「映文連ア...

網走タイムズ

野鳥から鳥インフル確認 斜里町ウトロ 継続発生で回収地区公表

 【網走】オホーツク総合振興局は、斜里町ウトロ西地区で回収されたハシブトガラスの死がいから検出された鳥インフルエンザは遺伝子検査の結果、高病原性だったと発表した。10月以降、野鳥から高病原性の鳥イン...

網走タイムズ

出来上がりに自信あり オリジナルレシピに挑戦 網走南小の5年生

 【網走】網走南小の5年生が、料理のレシピ作りと実際の調理に取り組んだ。児童は、網走市食生活改善協議会や市保健センターの協力を得ながら、自慢のオリジナルレシピを開発した。  同小5年生は「網...

日高報知新聞

「大学ってどんな所?」【浦河】

 浦河町教委主催の子ども未来サポート事業「大学ってどんな所?1日大学生体験ツアー」が3日、町内小学5年~中学2年までの13人が参加して札幌市内の北海学園大豊平キャンパスで開かれた。  この日は午前...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス