北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

サケの豊漁祈る 苫アイヌ協会 秋恒例「カムイチェプノミ」

苫小牧アイヌ協会(作田悟会長)は18日、苫小牧市矢代町の市生活館で新たに遡上(そじょう)するサケを迎える儀式「カムイチェプノミ」を行った。約40人が出席し、豊漁や漁の安全などを願い、さまざまなカムイ(神)に祈りをささげた。

サケの豊漁などを祈った「カムイチェプノミ」

 アイヌ文化の伝承などを目的に続けている秋恒例の儀式。例年は錦多峰川近くで行われているが、今年は同館にサケや果物などの供物を用意し民族衣装に身を包んだ上、伝統的な手順にのっとって進められた。

 祭司を務めた作田会長はアイヌ語を交え、アペフチカムイ(火の神)にあいさつ。器の酒を「イクパスイ」と呼ばれる木製の神具でイナウ(御幣)などに振り掛け、小刀で切り取ったサケの身の一部をいろりに移し、祝詞をあげた。

 「ワッカウシカムイ(水の神)」「トマリコロカムイ(港の神)」といった七神にも祈りをささげ、先祖供養の「イチャルパ」も粛々と行った。

 儀式の後はむかわ町と苫小牧市でそれぞれ活動するアイヌ文化団体が輪踊りなど伝統舞踊を披露し、交流を深めた。新型コロナウイルス感染拡大防止へ、恒例のアイヌ料理による会食は見送った。

 作田会長は「先人たちへの感謝の気持ちを込めつつ世の中が安定し、各自が幸せになることを願った」と述べた。

関連記事

釧路新聞

厚岸の食材ふんだんに 豊かな海づくり大会用弁当試食【厚岸】

 【厚岸】来年9月17日開催の「第42回全国豊かな海づくり大会北海道大会in厚岸町(同大会推進委、同北海道大会実行委主催)」では、全国からの来場者約1000人に、地元の食材をふんだんに盛り込んだ...

釧路新聞

「つなぐ道」若い感性光る 臨港鉄道跡地など撮影 16日まで写真展【釧路】

 くしろ元町青年団(菊池吉史団長)が主催する「つなぐ道」写真展が5日から、釧路市役所防災庁舎1階ロビーで始まった。釧路出身のフォトジャーナリスト、長倉洋海さんと釧路の中高生ら25人が、かつて石...

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。  網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り」を...

苫小牧民報

学芸員が貴重な資料解説 市美術博物館で「あみゅー大博覧会」

苫小牧市美術博物館で3日、開催中の企画展「あみゅー大博覧会2022」を紹介するスライドトークが開かれた。市民らが自然史や考古に関する展示品への関心を深めた。  考古学専門の岩波連学芸員がパワ...

苫小牧民報

アイヌ文化体験企画 旅の思い出に 「界 ポロト」 白老

白老町若草町のポロト湖畔で営業する星野リゾートの温泉宿泊施設「界 ポロト」は、アイヌ文化体験企画「アイヌ伝統歌『ウポポ』を奏でるひととき」を週に2日、宿泊者向けに実施している。アイヌ民族が先人から...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス