北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

石並べ「ニペの耳」 高山植物に影響も 大雪山国立公園・石狩岳の稜線上【上士幌】

 大雪山国立公園内の石狩岳(標高1967メートル)から沼の原へ続く稜線上の通称「ニペの耳」(1895メートル)付近で、高山植物の上に石を「ニペの耳」と並べるいたずらが頻発している。自然公園法違反の疑いがある。環境省大雪山国立公園管理事務所は「景観を守るために最低限の山のマナーを守ってほしい」と呼び掛けている。

「ニペの耳」と読める置き石。高山植物の上に置かれている(環境省提供)

自然公園法違反の疑い

 同事務所によると、最初に確認されたのは8月22日で、発見した登山者から報告を受けた。高山植物のウラシマツツジとガンコウランの上に縦約1メートル、横約5メートルにわたって細長い石が並べられていた。

 現場は自然公園法の「特別保護地区」で、置き石は、土地の形状変更や、植物損傷などを禁じる同法に触れる疑いがある。違反すれば1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられる。高山植物は日が当たらずに枯れると回復まで時間がかかり、生物の生育環境にも影響を与える可能性があるという。

 9月4日に同事務所が撤去したが、10日にも置き石の「ニペの耳」の写真が、登山情報アプリ「YAMAP」やSNSに投稿されていた。インスタ映えを狙ったと推測され、投稿を見た登山者からは「映えるからと高山植物を犠牲にするのは悲しい」「山に敬意を払っていない」などと怒りの声が挙がる。

 一方、標識のないニペの耳の場所を示すための行為との見方も。NPOひがし大雪自然ガイドセンター代表理事の河田充さんは「必要に応じて登山者が立ち寄りやすい通過点に、看板整備や山頂標識の取り付けを考えるきっかけになったのでは」と話す。

 同事務所では、模倣を防ぐため、石狩岳の登山口やトイレに注意を促す標識を設置した。

 大雪山国立公園では2年前にも、「十勝岳」(2077メートル)の登山道脇に石を並べて「つちのこ」と書いたいたずらがあった。同事務所の齋藤佑介国立公園管理官は「承認欲求に駆られて自然を傷つける行為はやめてもらいたい」と厳しく指摘する。

関連記事

名寄新聞

漁師の祈り表現・名寄の山岸さん全日写連北海道写真展最高賞【名寄】

 日本海に浮かぶ鳥居を印象的に撮影した作品が、全日写連第19回北海道写真展で最高賞の金賞に選ばれた。市内のアマチュア写真家で医師の山岸真理(まこと)さん(70)=西1北5。写真仲間から盛んな祝福を...

苫小牧民報

2大アート満喫 白老の味覚と文化芸術ツアー

まちの文化資源を活用した着地型観光バスツアー「白老町の2大アートイベントをプロジェクトスタッフとじっくり巡る! 白老の味覚と文化芸術ツアー」が24日、白老町内で行われた。町外から参加した17人は、...

苫小牧民報

国松希根太さん個展 地形を表現 飛生アートコミュニティ 白老

白老町内にアトリエを構える彫刻家、国松希根太さん(45)の個展「地景を刻む」が、町竹浦520の飛生アートコミュニティー(旧飛生小学校)で開かれている。飛生での個展は2014年以来で、校舎全体を会場...

室蘭民報

白血病克服、163キロ完走 市内の豊年さん「家族、友人に恩返し」、北海道トラ..

 家族や友人に恩返ししたい-。室蘭市在住の豊年真士さん(26)が8月28日に洞爺湖町で開かれた北海道トライアスロンに初出場し見事、完走した。豊年さんは2020年に急性前骨髄球性白血病を発症し、半...

室蘭民報

撮りフェス、力作200点超 旧室蘭駅舎に展示【室蘭】

 24時間滞在型のフォトコンテスト・撮りフェスin室蘭2022(18、19日。実行委員会主催)で寄せられた200点超を紹介する作品展が26日、室蘭市海岸町の旧室蘭駅舎で始まった。構図にこだわった...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス