北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

焼き肉店復活 「寿楽の息子」2階 いけだ牛提供【池田】

 池田町内の飲食店「寿楽の息子」(田中健二代表、町東1ノ36)が14日、店舗2階で焼き肉の提供を始めた。コロナ禍で宴会利用の少なくなった2階部分の有効活用や、町内で一時的になくなっていた焼き肉店を復活させようと新業態の参入を決めた。従来から扱ってきた「いけだ牛」を前面に押し出し、タンやホルモンなど希少部位も提供する。

新たに始める焼き肉をPRする田中代表

 同店は2009年、すし店を同所で営んでいた田中代表の父が他界したことに伴い、居酒屋として開業。コロナ前までは宴会需要も取り込むなど混み合っていた。コロナ禍で来客数が減る中、昨年8月に町利別で新たに豚丼などを提供する昼営業を始めていた。

 焼き肉店の開業に当たって、国の事業再構築補助金を一部活用し、2階部分を個室仕様に改装。40人収容の宴会スペースだったものを、定員28人の4部屋とし焼き台を設置した。

 田中代表は「コロナ禍で売り上げ確保のために何かしなければという思い。店の近所にあり自分も利用していた町内唯一の焼き肉店が閉まることも焼き肉店を始める理由の一つ」と語る。

 いけだ牛の牛タン(税別1500円)、生ハラミ(同1400円)やホルモン各種、輸入牛なども用意している。居酒屋で、いけだ牛を使ったモツ鍋やメンチカツを提供してきた強みを生かす考え。「いけだ牛を焼き肉として提供する店は十勝でも少ないはず。内臓も肉の味が強いのが特徴」(田中代表)とPRする。

 営業は午後5時半~同10時(午後9時半ラストオーダー)。月曜定休。問い合わせは同店(015・572・5413)へ。

関連記事

函館新聞

ピロシキ作り通じ多様な性知る 17日に食べる会【函館】

 函館市女性センター(東川町、原田菜摘館長)で17日、ピロシキ作りを通じ性の多様さなどさまざまなテーマで語り合う「ゲイの人と焼きピロシキを作って食べる会」(ゲイピロ)が開かれる。午前10時と午後...

函館新聞

旧函館区公会堂の保存修理記録映像が優秀賞【函館】

 国の重要文化財旧函館区公会堂(元町11)の保存修理の様子を記録した映像作品「文化遺産を守り継ぐ 重要文化財旧函館区公会堂 保存修理工事」(54分)が、東京で行われた映像作品コンクール「映文連ア...

網走タイムズ

野鳥から鳥インフル確認 斜里町ウトロ 継続発生で回収地区公表

 【網走】オホーツク総合振興局は、斜里町ウトロ西地区で回収されたハシブトガラスの死がいから検出された鳥インフルエンザは遺伝子検査の結果、高病原性だったと発表した。10月以降、野鳥から高病原性の鳥イン...

網走タイムズ

出来上がりに自信あり オリジナルレシピに挑戦 網走南小の5年生

 【網走】網走南小の5年生が、料理のレシピ作りと実際の調理に取り組んだ。児童は、網走市食生活改善協議会や市保健センターの協力を得ながら、自慢のオリジナルレシピを開発した。  同小5年生は「網...

日高報知新聞

「大学ってどんな所?」【浦河】

 浦河町教委主催の子ども未来サポート事業「大学ってどんな所?1日大学生体験ツアー」が3日、町内小学5年~中学2年までの13人が参加して札幌市内の北海学園大豊平キャンパスで開かれた。  この日は午前...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス