北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

地元産ホップ収穫 今年も地ビール乞うご期待【登別】

山のように積まれた登別産のホップ

作付け面積2倍、立派に育つ

 登別市札内町の私有地で栽培されているホップが5年目の収穫を迎え、30日に収穫作業が行われた。昨年度から作付面積を増やしたことが功を奏し、昨年の52キロを上回る約80キロを確保した。今年も地元産のビールが味わえそうだ。

 市内事業者の有志が登別産ホップを使った地ビールに興味を持ったことをきっかけに市商工労政グループと協力し、2016年度に「ホップ研究会」を発足。翌年度に同研究会メンバーの私有地を開墾し、試験栽培に着手した。

 シカの食害や天候不良などで栽培は難航したが、育成方法などを研究したことで20年度に約17キロ、21年度には52キロを確保。わかさいも本舗地ビール工場(中登別町)で醸造し「NUPURPET PALE ALE(ヌプルペッ ペール エール)」として限定販売された。

 昨年度から作付面積を2倍に増やした。8月の大雨で支柱が折れるなどのアクシデントに見舞われたが、順調に成長。同研究会メンバーの泉田覚さんは「年々、球花は大きくなっている。今年も立派に育ってくれた」と目を細める。

 30日の収穫作業には約50人が協力。空に向かって伸びたホップのつるを切り、ビニールシートに積んで運び、一つ一つ球花を手でつみ、かごに入れた。収穫したホップはその日のうちに上川管内上富良野町に運搬。現地で乾燥作業を行った。

 乾燥後は、わかさいも本舗地ビール工場で醸造が行われ、12月中旬には登別産の地ビールが販売される見通しという。柴田泰彦工場長は「これまでで最高のホップができた。おいしいビールが完成できそうです」と笑顔を見せた。

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス