北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

道の駅に冷凍自販機を設置・ソフト大福など販売【名寄】

道の駅エントランスに設置された冷凍自販機

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)は、道の駅「もち米の里☆なよろ」のエントランスにソフト大福の冷凍自動販売機を設置し、6日から稼働を開始。メイン商品のソフト大福、クリーム大福などを24時間販売しており、道の駅の営業時間外でも購入できる。

 訪れた際に営業時間外(通常の営業時間は午前9時~午後6時)で、大福が買えなかった―という利用客からの声を聞くとともに、コロナ禍で非接触、無人販売が可能な自販機の需要が伸び、全国でも話題となっていることから、同社でも冷凍自販機を導入することになった。

 自販機はサンデン・リテールシステム社製の「ど冷えもん」で、6日に設置し、稼働を開始。24時間販売を行っている。

 自販機での販売商品は、店内販売の商品と同様のもので、メインのソフト大福で定番や売れ筋の大福、フルーツあん大福で合わせて4種、クリーム大福が売れ筋の1種、6月に発売した一口サイズの「だいふくの実」の2種に加え、全道・全国の冷凍商品1種を期間限定で販売している。

 初めての期間限定商品は、東京の餃子専門店「侍ぎょうざ」で、ふうれん特産館とのつながりがあることや、キャンプの食事にも最適なことから取り扱っている。

 また、冷凍自販機での販売開始特別キャンペーンとして、自販機で購入した商品には、もれなく道の駅の売店やレストランで使用可能な5%割引券も付いている。中には当たり券もあり、当たり券は10%割引となっている。割引券の有効期限は9月30日まで。

 同社では、年間150万個の大福を製造、販売しているとともに、名寄の土産として人気が高く、業務部営業課の木戸口哲課長は「24時間いつでも大福を購入することができるので、ぜひ立ち寄って、お土産に買っていただければ」などと語る。

関連記事

十勝毎日新聞

冷凍パンでもふんわり トカトカがとかちむらに自販機【帯広】

 片原商店(上士幌町、星憲一社長)が営むパン店「トカトカ」は、帯広競馬場内のとかちむら(市西13南8)に冷凍パンの自動販売機を設置した。十勝ナイタイ和牛を使ったカレーパン(350円)など約10...

十勝毎日新聞

ボージョレ解禁 お高め 円安やブドウ収量減影響【十勝・池田】

 フランス東部ブルゴーニュ地方のボージョレ地区でその年に収穫されたブドウから造られる新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が、17日午前0時に解禁された。十勝管内の酒店などでも早速、店頭販売され...

十勝毎日新聞

上級茶葉使用プリン2種 老舗河野園、初のスイーツ【帯広】

 帯広の老舗茶屋「茶の河野園」(本店・帯広市西3南8、柳澤秀一社長)が、抹茶とほうじ茶の茶葉を使った生プリンを開発した。スイーツの開発は同店初で、柳澤社長は「日本茶との相性が良いプリンを開発した。...

十勝毎日新聞

チーズ料理で乾杯 北の屋台全20店で提供【帯広】

 「チーズの日」に合わせて11日、帯広市内の北の屋台(帯広市西1南10)全20店で「バルホッピング」が始まった。カマンベールチーズを使った各店のオリジナル料理が堪能できる。  北海道チーズフ...

十勝毎日新聞

浦幌産白花豆でスナック開発 「波瀾万丈」で提供へ【帯広】

 浦幌町産の白花豆を知ってもらおうと、JAうらほろと管理栄養士を目指す学生がコラボして考えたスナック菓子風の一品が、帯広市西1南10のそば居酒屋波瀾万丈で期間限定のメニューとして採用されることにな...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス