北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧市非核平和都市条例施行20年 多彩な記念事業

苫小牧市は市非核平和都市条例施行から20年の節目となる今年度、恒久平和の実現を願う多くの記念事業を計画している。広島市との共催で広島平和記念資料館の原爆資料展を開催するほか、被爆者を迎えた講演会や映画の上映会も企画。市民文化ホール(仮称)への設置を構想する「平和の鐘」の具体的な検討にも入る予定だ。

市役所に掲げられている、非核平和都市条例の懸垂幕

 原爆資料展は7月末から約3週間、市文化交流センターで開催する。原爆被害を伝えるパネルと合わせ、同資料館から借り受けた資料も展示。原爆の熱線と爆風で黒焦げになった生活用品や服装品などの実物やレプリカの展示を予定している。

 8月13日には、広島市から被爆者を招いた体験証言会を同センターで実施する。経験者の話を通して原爆の恐ろしさや愚かさ、平和の尊さを市民に考えてもらう。

 映画の上映会は7月31日。広島と長崎の二重被爆者に焦点を当てたドキュメンタリー映画を市民会館で上映する。苫小牧出身の映画監督稲塚秀孝さんが手掛けた作品で、二重被爆者を知る近親者の講演会も合わせて行う。

 市民が平和を祈るシンボルとして、平和の鐘を設置する準備もスタートさせる。署名運動や資金集めを続けてきた市民団体の働き掛けに応え、検討委員会設置の補正予算案を6月定例市議会に提出する。承認され次第、デザインや規模などの具体的な検討に入る。

 ウクライナへの侵攻を続けるロシアのプーチン大統領が核兵器の使用を示唆するなど、核戦争の危機が高まる中、市は改めて非核平和への誓いを促したい考え。政策推進課は「例年以上にさまざまな事業を展開するので、条例に関心を持ち、非核平和に思いを寄せてほしい」と話している。

 苫小牧市非核平和都市条例は、まちを挙げて核兵器廃絶と平和の推進に取り組む決意を込め、2002年4月に施行。市民団体の署名運動や要望活動を通し、道内で初めて制定された。全7条から成り、非核三原則の普及や他都市との平和交流、核実験への反対意見の表明など平和行政に関する基本事項を定めている。

 条例に基づき毎年実施してきた中学生の広島派遣は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で2年間中止したが、今年は8月に予定している。平和祈念式典も例年通り8月15日に行う。

関連記事

日高報知新聞

自分だけのクリスマスツリー【浦河】

 浦河町立堺町小と浦河町教委共催のPTA親子ふれあい事業「臨床美術でクリスマスツリーをつくろう」が4日、同校体育館で開かれ、PTA役員や同校に在籍する親子ら26人が参加して自分だけのクリスマスツリー...

日高報知新聞

1万2千個のLEDトンネル【新冠】

【新冠】町青年団体連絡会議による毎年恒例の「イルミネーションフェスタ2022」が3日、レ・コード館で開かれ、館内の大型クリスマスツリーが点灯され、同時に同館前に設置された約1万2千個のLEDが付い...

釧路新聞

厚岸の食材ふんだんに 豊かな海づくり大会用弁当試食【厚岸】

 【厚岸】来年9月17日開催の「第42回全国豊かな海づくり大会北海道大会in厚岸町(同大会推進委、同北海道大会実行委主催)」では、全国からの来場者約1000人に、地元の食材をふんだんに盛り込んだ...

釧路新聞

「つなぐ道」若い感性光る 臨港鉄道跡地など撮影 16日まで写真展【釧路】

 くしろ元町青年団(菊池吉史団長)が主催する「つなぐ道」写真展が5日から、釧路市役所防災庁舎1階ロビーで始まった。釧路出身のフォトジャーナリスト、長倉洋海さんと釧路の中高生ら25人が、かつて石...

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。  網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス