北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

鶏から屋 6年連続金賞 からあげグランプリ 素揚げ・半身揚げ部門

苫小牧市の空揚げ専門店「からあげ専科鶏から屋」(本店・住吉町)が、日本一の空揚げを決める第13回からあげグランプリ(日本唐揚協会主催)の素揚げ・半身揚げ部門で金賞を受賞した。金賞受賞は6年連続、6回目。福澤龍司代表は「皆さんの応援のおかげ」と喜んでいる。

受賞を喜ぶ福澤代表(左)とスタッフの増岡里美さん

 鶏から屋は、道産の鶏肉の「半身揚げ」でエントリー。下味を付けた肉を軟らかく仕上げるため、特製だれに2日間漬け込んだ後、じっくりと揚げた一品だ。カリカリとした食感と、内側のふっくらジューシーな味わいを生み出すため、開発に数年かけ、昨年秋ごろに提供を始めたという。

 同店は2017年から毎年、同グランプリに参加。17~19年の3年間は金のザンギが「東日本しょうゆダレ部門」で、20、21年はザンギスカンが「東日本味バラエティ部門」で金賞を受賞した。出場6回目の今回、目標としていた最高金賞は逃したが、福澤代表は「6年連続受賞が懸かった大会でプレッシャーも感じていたので、悔しい思いがあった半面、金賞獲得にほっとしている」と話す。

 半身揚げは、本店としらかば店(しらかば町)で提供しており、価格は持ち帰りで1296円(税込み)。しらかば店は、店内飲食でご飯やみそ汁が付いた定食も提供している。揚げるのに時間がかかるため、事前予約がお勧め。

 インターネット投票で、全国の飲食店やスーパーなどで提供されている空揚げの中から「日本一」を決めるグランプリ。味付けや地域など部門ごとに最高金賞と金賞が贈られる。今大会には全国の1023店がエントリー。予選、本選の総投票数は32万7802票で、102店が受賞した。

 商品に関する問い合わせは本店 電話0144(84)5531。しらかば店 電話0144(77)0985。

関連記事

苫小牧民報

登別・白老観光協 「るるぶ」特別版発行 絶景、グルメなど魅力満載

登別市・白老町観光連絡協議会(会長・小笠原春一登別市長)は20日までに、両市町の観光情報に特化した旅行情報誌「るるぶ」特別版を1万5000部発行した。作製は同誌を発行するJTBパブリッシングが担当...

苫小牧民報

ソロプチ苫小牧チャリティー寄席 三遊亭好楽さんら出演

女性による奉仕団体「国際ソロプチミスト苫小牧」(後藤裕子会長)主催の「承認45周年記念 チャリティー寄席」が20日、苫小牧市民会館で開かれた。約900人が来場し、長寿番組「笑点」でおなじみの三遊亭...

十勝毎日新聞

消防団の金子さん 初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」【新得】

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

十勝毎日新聞

求人サイト開設「人手不足解消に」 北海道圧接業協同組合【帯広】

 北海道圧接業協同組合(山田賢悟理事長、11社)は独自の求人サイト「ビジネスワークジョブ」https://basserbiz/indexを開設した。年会費3万円のみで登録でき、成功報酬は無料。山田理事長=SPH山田(帯...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港寄港へ 7月20~22日 一般公開予定【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が7月20~22日、訓練と広報活動を兼ねて、広尾町内の十勝港に寄港することが決まった。期間中、一般公開を予定している。広尾側は歓迎行事を計画、役場、商工会、自衛隊協力...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス